Top
**  ホメオパシーのこと・楽しくて仕方がない時期
さてさて、久しぶりにホメオパシーのことを書いてみます。

前回は壮絶なほどの親子ゲンカをして、色々な排毒に見舞われた…という内容でした。

その後、再度相談会にかかり、また色々なレメディーを貰いました。
喉や胸のチャクラに対応するレメディーや、根本体質のレメディーなどをもらいました。
(うろ覚えなのですが…記録しておけばよかったなー)

この時の反応は、かなり面白かったです。
後々知ったところによると、チャクラに対応するレメディーは
「苦悩を表現できずに内側に溜め込んでいる人」に合うらしいのですが…

まず、「しなくちゃいけないこと」が全然出来なくなりました。
我慢して頑張るということができないのです。
例えば学校の課題とか、予習とか。そういう以前はいやいやながらもやっていたことが、全然我慢できなくなってしまったのです。
単に怠け者になっただけのようですが…。
そして、毎日が楽しくて仕方がないのです。
とにかくテンションが高い。友達に会ってはぺらぺらとお喋りしまくり、笑いっぱなし。
もともと喋るときは結構喋る人ですが、自分でもどうしたんだろう?と思うくらいのテンションの高さが、一ヶ月以上維持されてました。

道を歩いてるだけで、朝に目が覚めるだけで、なぜか楽しい。
そうか、人生ってこんな風に楽しいものだったんだーって思いました。
我慢しなくちゃいけないことだらけだと思ってたけど、本当は我慢するべきことなんて何もないんだなぁと、かなりお気楽思考になっていました。
学校を遅刻してもへらへら笑ってました。
(まぁ遅刻すると問題になる授業にはぎりぎり間に合うくらいの理性はあったのですが)

更に、相当の甘えんぼになってしまったのです。
なんだろう、それまで我慢して抑えていたものが全部出てしまったかのような感じでした。
「これやって」と頼まれても、「やだ~できな~い」「したくな~い」「疲れてるから無理なの~」と床をごろごろ…家族には、「まるで痛んだにゃんこみたい」と言われてました。
(しかし痛んだにゃんこってなんなんだろう)

この時期は、ホントに楽しかったです。
何の我慢もせず、お気楽にすごし、人と会っては笑いまくり喋りまくり、家ではごろごろとネコ化して甘えまくり…。
家族には、「どうやらホメオパシーの反応で甘えん坊になってるみたいだから我慢してね」とあらかじめ伝えておいたので、違和感を感じつつも受け入れてもらえました。
(わたしが病気になってから、かなり敷居が低くなりつつある我が家…)
そしてこの時期に、わたしは人に対して甘えることをずっと我慢してたんだな~って気がつくことが出来ました。そのくらいみんな我慢していると思うのですが、わたしの場合「本当はそうしたいのに無理やり抑える→良くないストレスになる」という構図になっていたらしく。
「自分が我慢すれば全部うまく行くんだから、耐えよう」という勝手な犠牲心が、無意識下で欲求不満や自己卑下につながっていたみたいです。
わたしは完璧超人じゃなくて凡人なんだから、程々に人に甘えることも必要なんですよね。

あまりにも恥ずかしかったため、途中の相談会で「なんだか甘えんぼ化しててなかなか直らないんですけど(汗)」と伝えると、「良かったですね~。甘えるだけ甘えれば自然に治りますよ」といわれてしまい、「それなら試してみるか」と徹底的にやりたいようにしてみました。

この「痛んだにゃんこ化」は2ヶ月近く続き、そして何の前触れもなく急速に治まりました。
今思い出しても、なんだか変な時期でした。
頭が真っ白になって、なんの難しいことも考えられなくなって、とにかく楽しくて仕方ない。
そういえば小さい頃は、いつもこのテンションで生きてたんだなぁ。
人って、やりたいことを「やりたい」と言って、好きなことを「好き」って言ってないと、なぜかどんどん弱くなってしまうみたいです。心も身体も。
わたしは頭で考えてばかりで、やりたいことも「周りに迷惑を掛けてしまうかも…」と我慢したり、好きなことも「変に思われてしまうかも」と人の目を気にして好きと言えなかったり、「もっとこういうものを好きになったほうがいいはず」というワケのわからない考えで抑え込んだりしてました。
「こうなりたい」っていう自分の理想像(まるで完璧超人のような)に雁字搦めになって、動けなくなっていたのです。

「楽しいのはいいことなんだ。」と思える時期でした。
以前は、「人生は楽しむものじゃなくて、耐えていくもの」だと思ってました。
楽しいことは罪悪だと思ってました。もっと理想的な生き方をしたいって。
でもそうじゃなくて、「好き・楽しい」の延長線上に理想があってもいいんですよね。

自分の感情に素直になる、それが一番大事なこと。
ホメオパシーはいつもそう訴えてきます。
それはマクロビオティックの目指すところとすごく重なっている気がします。
自分が自分としてクリアになること。
簡単なようで、すごく難しいことだなぁと思います。
[PR]
by macrobi_pirico | 2007-06-01 23:18 | ホメオパシー
<< ホメオパシーのこと・6月のメモ おいしいご飯はやはりよいものです。 >>



CFSをきっかけに、マクロビオティックを始めました。こころとからだになみなみならぬ興味を持っています。by文(Aya)
**links**
フォロー中のブログ
ヒビノウタ☆
楽しむ空間「クラム」 趣...
DOWN TO EARTH 
日々の食べ物、からだの声
Favorite Days
かぞくdeマクロビ 
まあるい、毎日。
**FUWA*ふわ*FU...
素直にありのままに・・・
カテゴリ
全体
ごあいさつ・お知らせ
おうちご飯
マクロビスイーツ♪
マクロビあれこれ
酵母ちゃん
お料理教室
日々のこと
おそとご飯
病気、慢性疲労症候群のこと
ホメオパシー
からだやこころのあれこれ
KIJレポート
考えごと
raw + living food
低血糖症
以前の記事
2011年 06月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧