Top
**  今年も春がやってきた
最近叔父の話が続いているので、近況なども。

ここのところ、体調…ものすごーく悪い!です。
でも以前のように、体調が悪い→精神的にも落ち込み、という感じでもなく。
春、という身体が急激に変化していく時期なのでいろいろあって当然。
毛穴が開きからだが緩み出せば、こっそり奥深く眠っていた不調の根っこや
あるいはじっとしていた感情なんかも、動き始めて表面に出てきたりもするのです。
もう毎年のことなので、だいぶ慣れっこ。

それから、この間から「声の出し方」についてちょっとフォーカスしていて、
ある方の指導を受けて、身体の使い方を少しずつ変えられるように頑張っています。
以前も少し声については書いたのですが、病気を経て一番気になっていたのが
「声を出せない」「出しにくい」こと。
それは心にも身体にも結びついているのではないか、となんとなく考えてはいましたが
ようやく自分の自由になるお金が増えてきたので、やってみようではないか!と
思い立ったのでした。

例えば、頚椎。
頭蓋骨の後ろの首の付け根の部分をすっと伸ばすようにしているのです。
わたしのここはがちがちに固まってしまっているみたい。
それから肩も上がって、いかりがち。内側にぐっと入ってしまっている。
これは、緊張している人の姿勢なのだそうです。
人間は「はっ!」と何かに怯えると、首を引っ込めて肩を上げる姿勢をとるのですが、
いつも気を張っていて、緊張しっぱなしだと、この姿勢が癖になってしまう。
頚椎には大きな神経の塊があるので、ここが緊張し続けていると
表情筋を始めとする全身の筋肉や身体の動きに、不調が現れるそうです。

そこを伸ばすようにして寝てみると、喉にすーっと涼しい風が通り、
肩や肋骨、背中の緊張がふんわり緩んでいくのがわかります。
わたしはずーっとここを緊張させたまま過ごしているのですね…。
そうなると気道にも無理がかかって、声が出にくくなってしまうそう。

身体の使い方を変えて、無駄な緊張を取り去ってしまうことで
「溜め込んでいた感情が出てきたり、異常に眠くなったりするかもしれません」
という説明は受けていたのですが、
「もうホメオパシーやら食事やらでその辺はすっかりやっちゃったからなぁ」
…と思って見くびっておりました。
が、その考えは甘かった。
その翌日から、泥のような眠りに捕まり続けています…。
一日15時間くらい寝てる日もあったなぁ。最近はちょっとおさまってきましたけども。

それからですねぇ、ハウスダストアレルギーがかなりひどくなってしまったようです。
花粉はぜんぜん!平気なのですが、添加物や農薬、薬品類はまるでダメらしく
農産物直売所でくしゃみ連発・目がチカチカして開けていられなくなったり
とあるメーカーの住宅展示場でくしゃみだけでなく気分が悪くなり、
お腹まで痛くなりぐったりと倒れこんでしまったり。
喉も異常に乾くし、翌日の朝まで異常に身体中が重く、だるーくなってしまう。
この「重だるさ」というのは、肝臓の不調なのでしょうね。
肝臓は解毒・浄化を行う臓器なので、添加物などの身体にとって不自然なものが入ると
一気に負担がかかってしまうのです…。

そんなわけで、最近なにかと緩みがちだった食事もぴしっとさせる必要があるようで
あれこれの誘惑と戦う日々です。(それでもかなりゆるゆる、だと思いますが)
しかしやっぱり「砂糖」「乳製品」はすごい影響力です!
「甜菜糖とかってもうほとんど砂糖じゃん」って思ってたんですが、
甜菜糖と砂糖の間には越えられない壁があることが身をもってわかってきました…。
特に乳製品は腸がものすごく弱るらしく、わたしの場合は乳製品をとると
きっちりと鼻水・くしゃみ・アレルギーとして排出があります。便利な身体。

まぁ半分くらいは自業自得なのですが、そんな感じで春の不調と仲良くやってます!
お仕事変もそろそろ始動…相変わらずのろまペースです。
[PR]
# by macrobi_pirico | 2009-03-22 20:52 | 日々のこと
**  かぞくのじかん・2
福岡から飛行機とJRで、北陸へ。
わたしは一週間、叔父の家から近い祖父の家に滞在することになりました。

JRの駅を出ると、祖父が車で迎えに来てくれていました。
車中、「久しぶりだね」とか「みんなどう?」とか何気ない話を終えて、
「今回のこと、びっくりしたでしょ」と切り出してみる…のだけど、
なんだかあんまり手ごたえがない。
「おお、もう参ったよ」とどこか苦笑さえにじませながら、
「もう何年か、生きて、それで…かな、と思っとる」と小さな声で言う。

ああ、やっぱり。
食事療法でどうにかしようなんて、全然思っちゃいないんだな。
それはすでに想定済みの答え。

「でも、わたしの知り合いの人に、家族や親戚のガンが食事で治ったって人、
 結構いるよ。余命半年って言われてもう2年以上経ってるって」
「……そうか」
言葉がとても軽く、すんなり通り過ぎていってしまう。
たぶん祖父にはもう考える気力や、問題を正面から見据える気力も
残っていないんだろう。
それも仕方がないのかもしれない。もう80を越しているんだし。
…焦っちゃだめだ。
そう思いました。
どこまでわかってもらえるかはわからないけど、
完全ではなくても、少しずつでもいいから、理解してもらえたらいいな、と。

More
[PR]
# by macrobi_pirico | 2009-03-14 00:19
**  かぞくのじかん・1
ここ一週間ほど、家を留守にしていました。
父方の実家に帰省していたのです。
この時期になぜ?というと、叔父が癌だと分かったから。
 

More
[PR]
# by macrobi_pirico | 2009-03-06 11:53
**  いくつかの実験。
今日も犬がかわいくてブラボーな日ですね!
福岡は大雨だし、朝から家族と猛烈な喧嘩をしたんですけど。
身体の調子がいいというのはそれだけで幸せです。単純なのです。

そう、実は身体のコンディションって、精神衛生上ものすごーく大切なんですよね。
マクロビオティックでは「身体も心も変化する」と言われますが、本当のことだとわたしは思います。
実際に、自分自身がびっくりするくらいに変わってしまったので。

植物性中心の食べ物の持つ、穏やかなエネルギーのお陰で心がととのう…
という側面もあると思いますが、
一番重要なのは何より、「身体がすっきりすること」なんだと思うのです。
身体と心はとても緊密に結びついていて、身体がすっきりすると、心もすっきりしてしまう。
実はそういうとても単純なものなんです、人間ってやつは。

最近、そのことを再確認しました。
ほんとうにそうなんだな、ともちろん思ってはいたんですけど、
「本当に本当にほんとうにそうなのだ」ということが改めてわかったのです。
くどいくらいに書いてますが、こういうのって実際に「身体がすっきりすると心もすっきりするんだ!」
という、「あの感覚」を体験してみないと、なかなか信じられないのではないかなぁと思うので。

その再確認のきっかけ、というのがですね。
……「便秘」だったのです。

先日の土日に東京に行ったのですが、わたしはただでさえ旅行中は滞りやすい上に
どうしても外食が続くし、フレッシュなものの摂取量ががくんと減ってしまうので仕方がないのですが
あそこまで見事に、まるまる2日間も便秘になったのは久しぶりでした。
でもまぁ、滞在中は特に問題もなくそのまま家に帰ってきたのですが。

翌日の朝、ものすごーく身体がだるいのです。
起き上がれないし、動きたくない。
で、なにがきっかけかも思い出せないくらいにくだらないことで母親とケンカをして、
いつもならすぐに直るはずの機嫌もなかなか直らないまま、家を出たのでした。
さすがに会社に着いたころにはすっきりしていたんですけど。
けれどそのときは単純に疲労のせいだと思ったのです。
土日まるまる動き回っていて、帰ってきたのは夜の10時を回ってからだったし。
疲れてるからだるいし、イライラするのかなぁ、と。

そのまま午前中は仕事をしていたのですが、やっぱり身体が重くて辛い。気が滅入って仕方がない。
ああ、やっぱりわたしの体力では、土日なしっていうのは無理だったのかなぁ…
とか、反省モードに入っておりました。
しかし。

途中でですね、便秘が解消されたのです。そう、2日分を取り戻すくらいに。(詳述は避けますが。)
そうしたら途端に、体も気分も明るくさわやかに軽やかに、解放されてしまったのです。

控えめに書いて、ものすごくびっくりしました。
ええええ、こんなに違うの!!?みたいな。
そしてだいぶ情けなくなりました。こんなことであんなにイライラしてたのか…と。

それからはるんるんと鼻歌混じりに(実際には歌わないけど)仕事をこなし、
気分も明るく身体も軽く過ごせたわけです。
母親には、昼休みに「どうやら便秘のせいで今朝は頭がおかしくなっていたようだ…」と
謝りのメールを入れておいたのでした。
(返事:「便秘(笑)もなか(※東京土産)食べていい?」あああ、不機嫌じゃなくてよかったぁ)

そんなわけで「便秘→血液の汚れ、身体が酸化→怒りっぽくなる」ということは知ってはいたのですが
実際に体験してみると、本当にそうなのだ!ということがよーくわかりました…。
そもそもですね、わたしは昔から便秘体質だったのですよ。
「毎日お通じ」という習慣はまったくなく、たぶん5日に1回とか?(覚えてさえいない)
昔からそれで当たり前だったので、「便秘」という概念さえなかったんですよねー。
つまり、昔はずーっとあのイライラ状態だった、ということ。
たぶんイライラではなくて、落ち込んだり、集中できなかったり、そういう別の方向で
心を不安定にさせていたのだろうなぁ、と思います。

マクロビオティックを始めても、なかなかお通じは安定せず、2、3日に一度とか。
それでローフードを始めてからはほぼ毎日、しかも数回はあるようになりました。
こうなってみると、もうそのスッキリ感がないと耐えられないみたいです。

こないだのバリ旅行では、毎日ものすごい量を食べてたんですが、60%~がローフードだった
お陰か、毎日ものすごいディスチャージ(笑)で、全然疲れもせず快適だったのです。
やっぱり、出す力って大事。溜め込まないことって大事だなぁ、と再確認。

あとですね、「寝る前に食べる」というのも相当身体にキますね、あれは。
昔のわたしって、「お腹いっぱいじゃないと寝られない」という人だったのです。
思えば小学生のころから夜食だらけでしたね。母親が寝ちゃっても、父親の深夜の帰宅を待っていて
2人で一緒にラーメン食べたりとか、布団の中でチョコ食べたりとか…
マクロビオティックを始めてからしばらくしても、「お腹をいっぱいにして寝る」というクセは
なかなか治りませんでした。
ひとつには、低血糖症で血糖値が安定しないから、
「常に食べていたい」って状態だったんだと思います。

それでもまぁマクロビオティックを始めてから、
「夜寝る前に食べるのはあまり良くない。(あまり、じゃなくて実は相当良くないのですが)
 出来れば3時間以上、最低でも2時間は何も食べないようにする。
 寝ているときは食べ物を消化できないため、未消化のまま腐敗して毒素になってしまう」
ということを知り(つまりそれまではそんなこと知らなかったし、考えもしなかった…)
少しずつ努力して、1時間空け、2時間空け…となるべく習慣づけていく内に、
最近では気がついたら
「夜遅くにはなんにも食べたくない」(但し、おいしそうなお土産などがある場合は除く)
と、特に無理なくそういう感じになっていたのでした。

けれどこの間、またそれをちょっと無視して、「夜お腹いっぱいにして」寝てみました。
確かものすごいお腹が空いてた日だった、のかな?もう覚えてないけど。
食べたかったのもあるし、どうなるのかちょっと興味があったので、試してみたかったのです。

翌朝。
「もう夜遅くに食べたりしない!」と、早速後悔していたのでした…。
身体が重くて、だるくて、何かが溜まっている感じがありありとわかるのです。それが辛い。
ものすごーく余計なものを抱え込んでいる感じがとても不快。

というわけで、「便秘」と「寝る前に食べる」ことの弊害のお話でした。
こういうのを体験すると、以前は「こういうことは身体にあまりよくないんですよ」と聞いてはいても
「まぁ、そうなんだろうな」という感じで、実際に理解して納得できてはいなかったのですが
実際に体験して再確認してみると、本当によくわかるのでした。

そして更に思ったのは、
「ああ、いつの間にか随分と自分がすっきりしていたんだな」ということ。
以前はその状態が当たり前で、なんとも思わなかったのですから。
それが自分にとって「不快」なのだ、と自然に感じるようになったことを再確認できました。
たぶんこうやって、一個ずつ「当たり前」が増えていくのでしょう。
頑張ったりあきらめたりしながら続けていくうちに、知らず知らずに。
[PR]
# by macrobi_pirico | 2009-02-22 15:06 | からだやこころのあれこれ
**  久々に作ったものと、雑記
一ヶ月限定のお仕事が終わりました。
なんだかとてもあっという間だったのですが、思ったよりもずっと楽しかったな。
考えたことはたくさんあったのですが、まぁそれはまたの機会にでも。

久々に、いろいろ作ったものを載せておこうと思います。
a0098897_21355775.jpg


More
[PR]
# by macrobi_pirico | 2009-02-20 21:53 | 日々のこと



CFSをきっかけに、マクロビオティックを始めました。こころとからだになみなみならぬ興味を持っています。by文(Aya)
**links**
フォロー中のブログ
ヒビノウタ☆
楽しむ空間「クラム」 趣...
DOWN TO EARTH 
日々の食べ物、からだの声
Favorite Days
かぞくdeマクロビ 
まあるい、毎日。
**FUWA*ふわ*FU...
素直にありのままに・・・
カテゴリ
全体
ごあいさつ・お知らせ
おうちご飯
マクロビスイーツ♪
マクロビあれこれ
酵母ちゃん
お料理教室
日々のこと
おそとご飯
病気、慢性疲労症候群のこと
ホメオパシー
からだやこころのあれこれ
KIJレポート
考えごと
raw + living food
低血糖症
以前の記事
2011年 06月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧