Top
**  <   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
**  マクロビオティックと、ローフードと
随分間が空きましたが、前回の記事の続き。

えーと、ローフードを取り入れて、体調がよくなった。というお話でした。
しかしマクロビオティックの観点から見ると、ではローフードはご法度(?)。
基本、生食は夏以外控えた方がよい…とされています。
ここでちょっと困惑したのは、
『じゃあローフードで体調が良くなっちゃったわたしのケースから見ると、
「マクロビオティック=間違い」になってしまうのかな?』
と、いうこと。

どうも、マクロビオティックが間違いだとも思えないのです。
陰と陽のエネルギーは、やっぱり存在するような気がする。
それを身体にどう取り入れるか、によって自分のバランスを整えていけることは
これまでマクロビオティックを続けてきた中で、身体を通して実感したことだし。

問題は、ローフードがマクロビオティックの観点からすると「陰性すぎる」こと。
温帯の、普通の生活をする人に奨められている「標準食のバランス」を
まるで無視した食事法なのですよね。
それに「陰性」は、なにかとマクロビオティックでは嫌われがちですし(笑)

    ∥余談ですが、わたしはある程度陰性な自分の方が好きです!
    ∥本だって読みたいし、やっぱり考え事をする方が「自分らしい」気がするので。
    ∥どうも時代のせいで陽性な人…活動的で、積極的で、という感じががよい、
    ∥…と言われがちですが、そこは個人の自由。
    ∥誰だって、自分の好きな自分の在りかたを選んでよいのだから
    ∥陽性も陰性も、どちらも否定されるべきではないと思うんですよね。
    ∥問題は、自分が今の状態でここちよいかどうか、だと思うのです。
    ∥まぁでも基本的に、「中庸」に近い方が快適に過ごせます。

で、ローフードをやっていることがなんだか良くないこと、のような気がしてしまう。
こんなに「完璧にマクロビオティックをやるなんて無理だしー、別にゆるゆるでいいっす」
と不良マクロビアンであるわたしでさえも、そう感じてしまうのです。

けれど、身体は「ローフードがちょっとあるとここちよいですよ」と言っている。うーん。
そこで自分の中の矛盾を解決すべく、わたしもいろいろ考えました。
そして出たのが、以下のような結論。

ひとつ、「ローフードのバランスも、マクロビオティックの一つ」である。
つまり、マクロビオティックの観点から見て、ローフードが必要な体調も存在するかもしれない。
けっしてローフードをすること=マクロビオティックのバランスを否定することではない。
…のではないかな、と思います。
ただ単に、現在のわたしの体調にとって、ローフードが快適なバランスをくれるものであって
それすらもマクロビオティックのバランスの一部なのかなぁ、と思うのです。
例えば故・大森先生が「芯に溜まった陽性さ」を溶かすために、
毎日のように冷凍みかんを20個食べていた、というバランスのように。(笑)
(講義録に書いてあったんですが、これで陽性が抜けた、らしいです…すごい…。)

例えばローフードのくれる陰性さは、お砂糖やミルクなどの陰性さとは根本的に違います。
まず、やっぱりエネルギーがあります。生命力というのでしょうか。
「生きているもののエネルギー」、これはやっぱり生食に一番多いんですよね。
だからお砂糖をがばがば食べるのとはちょっと違うかなぁ、と思います。
そしてわたしの身体には、そういう「生きているエネルギー」が必要な時期なのかも。

それからもうひとつ、わたしの身体の問題。
わたしは小さい頃からろくにマトモな「ごはん」を食べず、いつもお菓子でお腹がいっぱい。
本格的な病気になる前なんかは「ジャンクフード中毒」でした。
同じおやつでも、兄のようにしっかりとした食事に近いおやつならともかく、
もう加工食品オンリー、化学物質たっぷりのものばかりをずっと食べ続けてきました。
なんかものすごい酸っぱいグミとか、大好きでしたもの…
(今思えばあれは、ジャンクフードの油で弱った肝臓が酸味を求めていたのかも~)

加工食品は特に消化に負担がかかり、体内酵素を浪費してしまう気がします。
なので、わたしは「体内の酵素の貯金」を、人よりも早いペースで使ってしまったのかも。
そして体内の代謝・修復の機能が落ちてしまったのだと思います。
また食生活だけではなく、ストレス過度でも酵素はどんどん消費されてしまうとか。
当時のわたしの生活を振り返ると、むしろ病気にならない方がおかしいくらい。

なので、人よりも酵素が必要な体質である…と言えそうです。
だからふつうの健康な人だと発酵食品、漬物、プレスサラダなんかで
酵素が充分補えるのだけれど、わたしの場合それだと足りないのかも。

そんなわけで、わたしの中でローフードは
①「今の自分」には必要な要素。(ずっと必要かどうかはわからない。)
 そして、それも「マクロビオティックのバランス」の一部。
 (マクロビオティックとローフードが相反するわけではナイ)
②自分の体質が、酵素が不足しがちな体質なので少しは必要かもしれない。
…という位置づけになっております。
だから100%ローフードは少しやってみたいけど、ずっと必要なものではないかもしれない。
もしかしたら必要かもしれない。それは、実際にやってみないとわからないこと。
そして、誰しもに必要なものかどうかも今のところ、わからない。(→①)
ただ、体調を見ながら、ローの要素を取り入れていくことがわたしには必要かも(→②)
…と思っています。

そしてですね、これって書いちゃっていいのかどうかはわかりませんが書いちゃいます。
小淵沢でのレベル3で、九司先生の授業があったのですが
その中で「望診」をしていただける、というクラスがありまして。
そこでわたしは聞いちゃったのです、
「生野菜がすごくおいしくて、食べると体調が良くて、そしてご飯があまり入らないのですが
 これはマクロビオティック的にどうなんだろうと迷っているのですが…」と。

すると先生は、
「食べたかったら食べてもいい。ごはんはやわらかく炊いて、分搗き米でもいい。
 ただ、その内欲しくなくなるときが来るよ」と仰いました。

てっきり「標準食の範囲内でバランスをとってください」と言われるものだと思っていたので
なんかもーすごくびっくり!すると同時に、どこかでするりと納得。
「ああ、やっぱりマクロビオティックってそういうものなんだな」、と。
生野菜が必要な体調だって、やっぱりある。
そんな風に、バランスのとり方は原則主義のガチガチで盲目的なものではなくて、
とても欲求に沿ったフレキシブルな、柔軟なものなんだなぁと。
そのことになんだか少しほっとしたのです。

そんなわけで、わたしの中ではローフードとマクロビオティックについては
こんな感じで一応の決着がついております。
別にいちいち考える必要はないんだろうけど、自分の中で納得がいってないと
なんとなーくすっきりしないんですよね~。
もちろん、他の誰かがどんな捉え方をしようとそれは個人の自由なのでOKなのです。
ただわたしの中では、こんな風におさまりましたよ!ということ。
なのでこれからまた変わっていくかもしれないし。

とりあえず、毎日がここちよいのが嬉しいです!それが一番ですね。
みなさまも日々変わっていく自分の体調と、上手にお付き合いくださいませ~。
[PR]
by macrobi_pirico | 2008-11-22 22:43 | raw + living food
**  ワンデイ講座を終えて。
18日、我が家でワンデイ講座を開きました。
ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!
ほんとーに勉強になりました…いろいろと。

講座に関して、自分なりに「うむうむ!よくできた!」という部分もありますが、
自己反省の嵐もあり…。
とにかく、内容を詰め込みすぎましたね。申し訳なかったです。
お金を頂いている講座である以上、まず後から謝るということ自体おかしいのですが
それをわかっていても、やっぱりごめんなさいと言いたくなります…
時間もオーバーしてしまったし、もう少し絞り込んだ内容にした方が
すっきりとして、結果的にわかりやすい講座になったのではないかと思います。
もし未消化の部分があって、講義についての質問などありましたら
メールでも、直接お会いしたときにでも訊いて下さって構いませんので。

そしてお料理の点でも、お煮しめがぐずぐずに煮とけてしまっていたり。
お料理を誰かに教える、指示して作ってもらう、ということの難しさを実感。
自分ひとりで作るのとは、当たり前だけれども全然違うのですね。
この点では母を尊敬します。毎回こんなんやっててすごいわ…。

そしてデザートのあずきプリンが全く固まらないという残念な事態が。
これ、ものすごく試作を繰り返して完成したレシピなので、どーも腑に落ちなくて
その後同じ分量で作ってみたのですが…うーん、固まりました。
なので、当日に固まらなかった理由として
・ 寒天を煮溶かすときに、混ぜ方が足りないなどの理由で均一に混ざらなかった?
・ 寒天の量、あるいは水分量の計算ミス?
などが考えられますが、実際の原因は分かりません。
が、あの通りの分量でも問題なく作れることがわかりました。
小豆を入れずに作っても、ふるふるの豆乳プリンになるのでぜひお試しください!
ぜひ、リアルタイムであのふるふる具合を味わっていただきたかった~。
ぎりぎりの寒天・葛の量なので、計量にはご注意くださいませ。

講義については、やっぱり書いたとおり絶対に詰め込みすぎではあったのですが
陰陽論について、多少なりとも新しい観点を見つけていただけたのではないかなぁと
思っているのですが…ど、どうだったでしょうか…
受講者の方の率直なご意見とか、ほんとに聞いてみたいので、
もしよかったら匿名で非公開コメントとかください。いえ、別に公開でもいいんですけど。

それにしても、その場のエネルギーを左右するのは講師の問題であって、
いろいろとうまく行かなかったのは、もちろんわたしの責任で…。
大体「煮溶ける」とか「固まらない」とか、この陰性のエネルギーの現象ばかりなのが
何かを反映しているとしか思えない!(拡散・分散のエネルギー、ですね。)
わたしの当日のコンディションも管理不足だった点があると思いますし、
事前の準備・プランニングの点でもいろいろと反省すべき点があるなぁと。
何よりも、一番お伝えしたかった体験談のことが、あまりお話できなかったのが
とても残念でした。はうー。
なので、その辺のことはこれからブログで書いていくと思います。せっかくだし。

いろいろと、本当に勉強になった講座でした。
一番勉強になったというか、考えさせられたのは
「どこまで、日常的なレベルに落とし込んでいくか」、ということ。
陰陽論も、ただのマニアックな理論になってしまっては意味がないのですよね。
今回は五行を入れることで、全体的なバランスのとり方を頭で捉えていただく
→あとはおうちで実践して実感してもらう、つまり実践するための準備知識として
いろいろと提供したつもりだったのですが、もっとシンプルなレベルでお話をした方が
わかりやすかったのかなぁと思います。
またリベンジ講座を開くことがあれば、今回の参加者さんは割引価格で参加可能にするとか…
うーん、またしても貴重なお時間を頂くことになってしまうのでやっぱりダメかしら。

兎にも角にも、ご参加くださったみなさま、また興味を示してくださったみなさま、
誠にありがとうございました!
たくさんの勉強が出来てとても楽しく、興味深かったです。

(いっぱいいっぱいだったので写真はばっちり撮り忘れました)
[PR]
by macrobi_pirico | 2008-11-20 13:41 | お料理教室
**  One Day Lectureのお知らせ 追記:11/14
我が家の料理教室で、一日講座をやりたいと思います。
テーマ:陰陽を体感しよう。
日時:11/18(火) 10:30~14:30
費用:3000円
講師:文(クシマクロビオティックレベル3修了、
      クシマクロビオティックインストラクター資格申請中)
※託児付もお受けします。ただし実費負担をお願いしています。早めにご連絡ください。
詳しくはコチラ(わかりにくい場合、お問い合わせください)

メニュー決まりました。(11/14)
・ 玄米ごはん3種類(陽性寄り・中庸・陰性寄り)
・ お味噌汁2種類(陽性寄り・陰性寄り)
・ お煮しめ ・ かぼちゃのサラダ ・ プレスサラダ ・ あずきの甘酒プリン
お煮しめは当日はみなさんで話し合って、陽性寄り、陰性寄りなど
どのように作るかを決めたいと思います!

講義テーマは、「陰陽」。
シンプルなテーマですが、ものすごーく深いです…よね。
陰陽五行にも少し触れて、「エネルギーの流れとしての陰陽」を
暗記事項としてではなく、「感覚」として見ていただけたらな、と思っています。
詳しくは追記にて。

参加希望の方は以下にメールをお願いします。
macrobi_piricoアットマークexcite.co.jp
この記事への非公開コメントでも受け付けます。連絡先を明記してください。
ご希望の方は準備の都合上、なるべく16日までにお申し込みください。

以下、講義についての詳細など。
[PR]
by macrobi_pirico | 2008-11-18 10:30 | ごあいさつ・お知らせ
**  おたんじょうび
昨日は母の誕生日でした。

誕生日前日。
「誕生日だよね、どっか行く?なんか買ってあげようか?」
「…別に欲しいものがないなぁ」
「冬用のセーターとかは?」
「うーん…」
「せっかく誕生日なんだしー、お買い物でも行こうよ」
「…あんた、お金あるの?」
「……」(KIJ+バリ旅行後→貯金使い果たし)
「……」
「…ないというほどでもない、かな…」
「そんな人にものを買ってもらっても、大船に乗れないからつまんないのよねぇ」
「……。じゃあ、一日奴隷になろうか」
「あっ、それがいい」

そんなわけで、昨日は一日奴隷でした。
(奴隷=単に家事を全部やる、というだけのこと)

前日のごはんがパスタで少しこってりめだったので、「ごはんはふつうがいい」という
仰せの通り、ほんとうに冷蔵庫にあるもので適当に作りました。
蓮根とカシューナッツの生姜炒めとか、春菊と人参の黒胡麻和えなどなど。

それから、ケーキはオーブンでがっつり焼いた小麦…という気分ではなかったので
少し軽めに、と意識して。
a0098897_19462039.jpg
米粉の抹茶ケーキを土台に、小豆のムースを流したもの。甘さ控えめで作ってみました。
本当は豆乳ムースと三段にしたかったけど、いろいろ忙しくて力つきました…
しかも米粉ケーキがふんわりになる予定だったのに、なぜかけっこうむっちり系に。
…もしかしてムースの重さでつぶれてた?
でもまぁ、お誕生日の人は気に入ったようでよかったです。
しかし久しぶりにスイーツっぽいものを作りました。新鮮だったなぁ。
[PR]
by macrobi_pirico | 2008-11-14 19:55 | 日々のこと
**  お知らせなど
ご無沙汰しております。
しばらくメールの返信、ブログのコメントなど、滞りまして失礼しました!
旅行で一週間ほど家を空けておりましたもので。
ベジ料理で満腹ツアーinバリ!で癒されてきました…が、その話はまた後日。

ワンデイ講座の方は、お陰さまで数名の方からお申し込みいただいてます。
まだもう少しお席がご用意できます。参加希望の方は前々日までにはご連絡ください。
23日のご希望も一件頂いていますが、3、4人集まらないと開催は難しいので
そちらをご希望の方がもしいらっしゃれば、連絡頂けると嬉しいです。

また、託児付も承ります。
託児のことをうっかり忘れていたのですが、コメントを頂き、需要があるかもしれないなぁと
考えたので、念のためお受けすることにしました。
負担は実費になってしまうのですが、普段母の教室でお願いしている
託児サークルの方に来ていただくことが可能なので、
もしご希望の方がいらっしゃれば、そちらもなるべく早めにご連絡ください。

講義については、思ったより五行の割合が多くなるかもしれません。
ただ、五行というとつい「暗記することがいっぱい!」という気分になってしまいがちですが
全くそんな感じではないので、ご安心くださいませ。
むしろ知識的なことよりも、わたしがKIJで教わってきた(はずの)
本質的な考え方をシェアさせて頂きたいなぁと思っております。
実習はメニュー的には寂しい感じですが、食事の「基礎」は本当に毎日のことなので、
これがずれていたり偏っていると、毎日毎日少しずつずれていくことになります。
なので、知っていただくことはものすごーく重要なのではないかな、と思ってます。

とりあえず今日から講座の日まで、集中して頑張ります!
[PR]
by macrobi_pirico | 2008-11-10 13:33 | 日々のこと
**  食育祭、ありがとうございました。
ブログでなんの告知もしなかったのですが、
昨日の11月1日は福岡・春日で行なわれた「食育祭」に参加してきました。

去年に引き続きの参加です。
でも今年はブース出店のみ。手作りのお菓子を販売しました。
前々日から細々と仕込んでいたのですが、残念ながらあまり数が作れなくて
すぐに売切れてしまいました…。
もーちょっと頑張って数を作れればよかったなぁ、と。反省。
でも母(パトロン)のお陰でかなり安いお値段で出せたので(原価ギリギリ)
いろんな人に買いやすくてよかったのではないかなぁと思いました。
っつーかわたしは、販売の方はタッチしておらず、隣で子守(のようなこと)をやっていたので
どんな方が買って行ってくださったのかははっきり知らないんですけど。
でも、母の教室の生徒さんもたくさん来てくださって嬉しかったし、
以前料理教室で一緒だった懐かしい人たちにも再会、声をかけていただいて
すごく嬉しかったです。
福岡のマクロビオティック界(?)の狭さを、よい意味で実感。
あと、一番簡単だった米粉のケーキをみんなが絶賛してくれるので
もう次回は(というか、次があれば)米粉のケーキばっかり作ることにします。
前よりも陽性になってきたのか、クッキーのちまちま作業が向かなくなってきた…。

それから、母が希望者にのみ「低血糖症相談」を行なったのですが、
低血糖症なんてマイナーな病名だから人なんて来ないだろうねーと2人で言っていたところ
思ったより多く、数名の方がいらしてくださいました。びっくり。
実はわたしも、一人受け持っちゃったりして。
最高の相談が出来たとは思えませんが、知っていただくキッカケにはなれたかも。

とりあえず、バタバタした中でのブース参加でしたが、お祭りは楽しかったです。
お世話になった方々、ありがとうございました!
[PR]
by macrobi_pirico | 2008-11-02 11:34 | 日々のこと



CFSをきっかけに、マクロビオティックを始めました。こころとからだになみなみならぬ興味を持っています。by文(Aya)
**links**
フォロー中のブログ
ヒビノウタ☆
楽しむ空間「クラム」 趣...
DOWN TO EARTH 
日々の食べ物、からだの声
Favorite Days
かぞくdeマクロビ 
まあるい、毎日。
**FUWA*ふわ*FU...
素直にありのままに・・・
カテゴリ
全体
ごあいさつ・お知らせ
おうちご飯
マクロビスイーツ♪
マクロビあれこれ
酵母ちゃん
お料理教室
日々のこと
おそとご飯
病気、慢性疲労症候群のこと
ホメオパシー
からだやこころのあれこれ
KIJレポート
考えごと
raw + living food
低血糖症
以前の記事
2011年 06月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧