Top
**  <   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
**  レベル3いってきまーす
明日から3週間、小淵沢でのレベル3に参加してきます。
あれー、いつの間にか出発の日だよおかしいなぁ…
というくらい、今年は時間の流れが早い、早すぎる。
スピ系の人が「今年は時間の早さが9倍なんだって」と教えてくれたのですが
いやもーほんとにそうかもしれないね、という感じですよね。
もう9月の終わり。

もっといろいろブログも更新したかったのですが、なんだかんだでまばらになってしまいました。
でも今はいろんなものを吸収したり、いろいろ変化している時期だと思うので
無理をして書くよりは、書きたいときに書く…という感じでいいのかなぁと思ってます。
ローフードを取り入れてからの変化ももうちょっと書きたかったんだけど。
まぁその辺は帰ってきてから。

というか、向こうではローフードどうすんの?って感じですが。
実は何も考えてません!
まぁ、何か身体に物足りない感じがあれば対処しようかなーと。
基本的には出されるご飯を食べるつもりです、もちろん。
しかしわたしの膵臓は、やっぱり酵素が必要なのかなぁと感じているので
身体がどうなるのか、を観察しながら過ごすつもり。

それにしても、もうレベル3。
なんだか不思議な気持ちです。
少なくとも去年の今頃は、レベルに参加しようなんて思いもしませんでしたし。
1月のレベル1がついこの間のことのような気がします。
なんだかあんまりたくさんのものを貰い過ぎて、自分の内側が変化しすぎて
その変化を書こうと思っても書けないんですよね、なかなか。
でもレベル3はとにかく、今まで知らなかったことをいろいろ習うと思うので
全然構えず、肩に力を入れすぎず、ただそこで起こることを素直に受け取って
いろいろ面白がって来れたらいいなーと思ってます。

レベル1のときはそうじゃなかったんですよね。
なんかもうガッチガチでした。
頑張らなきゃ!身につけてこなきゃ!立派にやらなきゃ!全部吸収しなきゃ!みたいな。
でも一緒に学んだ人々の雰囲気が全然わたしとは違っていて。
なんか楽しそうにしている感じの人が、やたらと印象に残ったんですよね。
それに比べると自分って、なんだか楽しそうじゃない。
なんかこだわるすぎて、張り切りすぎて、楽しめてないのかも…
そう思ったとき、やっぱりわたしは楽しみたい!って思ったのです。
楽しむって、いい加減にやることじゃないもんね。真剣さもやっぱり必要。
でも肩に力を入れて、不安になりながら頑張る必要なんて全然ないない!
少なくともわたしは欲しくない!

これを知る者はこれを好む者に如かず、
これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。
孔子の言葉ですね。
わたしは孔子があんまり好きじゃないけど、この言葉はすごいなぁと思う。
そう、実は楽しんでる人が一番強いんだよね。

そういうわけで、楽しんで来たいなぁと思ってます。
プログラム修了は3週間後ですが、また母の代わりに大森先生の料理教室に参加してくるため
東京で3泊してから帰ってくる予定。
なので20日の夜に帰宅ですね!うわぁぁ、いろいろ楽しみだぁ。
気分になればここでレポートさせて頂くかも知れませんが、はっきりはわかりません。
そんなわけで10月の終わりにまた思い出してくださると嬉しいです。

それではみなさま、充実した日々を!
[PR]
by macrobi_pirico | 2008-09-26 23:09 | ごあいさつ・お知らせ
**  Good Morning!
a0098897_9192457.jpg
最近の朝は、一杯のジュースから始まります。
この日は国産有機オレンジと梨とキャベツのジュース。

その日にある果物と野菜を好きなように組み合わせて作っています。
最近はもっと緑っぽい、小松菜とかの葉もの野菜が多いかな。

果物も野菜も、なるべくならオーガニックがいい!のはもちろんなのですが、
今の果物の消費量でオーガニックだとお金がかかりすぎてしまうので
その辺は適当に妥協。
我が家では、祖父母の家から送られてきたものや、直売所で安く買ったものが多いです。
もちろん、よく洗って皮をむいて使ってます。

そうすると必然的に、季節のものを食べることになります。
今の時期は梨がメインです。
梨は漢方の五行で言えば、肺を潤す果物。
肺・大腸系が活発になるこの季節にはぴったりなのだそうです。
まぁ五行なんか無視したも同然の食生活をしてるんですけどね、今。

朝は大体、このジュースをスープカップにたっぷり。
のどの渇き…というか、身体の渇きが癒される感じです。
調子のいいことに?最近ではコレがなくては始まらない~。
それからお腹が減っていれば、果物をそのまま頂きます。

ジュースとはいえ絞り汁ではなくて、ミキサーで作るものなので繊維質もたっぷり。
なのですが、始めの頃はこのジュースだけではまったく物足りなくて。
そういうときは果物をそのまま、お腹がいっぱいになるまで食べてました。

本によれば、たくさん食べないと物足りないのは栄養の吸収効率が悪いから。
果物を食べ続けていくうちに臓器が浄化されてくれば、
少しの量でも満足するようになります。とのことでした。

果物で臓器が浄化…ほんとかなぁ…と疑いつつも、果物を食べると身体が落ち着くので
なんでもとりあえず実験!ということで食べていたのですが、
最近はジュースだけでかなり満足できるようになってきました。
そのあと食べたとしても、キウイ(国産のものは酸味がなくておいしい!)1個くらいかな。
あとはお昼まで、何も食べずに持ちます。
陰陽の観点からも当然なのですが、水分の摂取量も減ってます。

ナチュラルハイジーンでも果物を奨めているのは、水分が多く含まれているから。
果物の中の水分は「命の水」。
とても純粋で、身体にとって有効な水分なのだそうです。
わたし自身、ここのところ少し陽性寄りの食事をすると「身体が渇く」感じがして
いくら水を飲んでもおさまらなくて困っていたのですが、
そういうときに果物を摂るとすごくいいみたい。
ただし原則として、果物は単体で摂ること。それから必ず空腹時に摂ること。
それをちゃんと守っています。
食後のデザート、という摂り方は腸内腐敗のもととなり、有害なのだそうです。
(この辺、「病気にならない生き方」の新谷先生と同じことを言ってますね)
一度ついつい食後に食べたら、ガスでお腹が張って大変でした。

朝の変化としては…
一番よかったのは、消化が楽になったこと。でしょうか。
朝ご飯を食べると眠くなっていたんですが、それがなくなりました。
あと、以前は11時を過ぎた頃に眠気+疲労の低血糖発作が起きそうになって
辛かったのですが、そういうことがなくなりました。
うーん、なぜだろう…果物で血糖値が上がってるからかな?
でも果物と血糖値の関係については、また今度書きたいと思います。

あとは、朝のお通じですね…………。
以前よりもずっと規則正しくなってます。量もすごい。

そんなわけで、とりあえず朝について書いてみました。

ひとつき近く経ちましたがローフード生活にまだ飽きないようなので、
カテゴリを作りました。raw+living foodです。
あれ、ナチュラルハイジーンにすべきだったのかも?まぁいいや。
さてこれからバイトです。行ってきます!
[PR]
by macrobi_pirico | 2008-09-20 09:53 | raw + living food
**  ごぶさたです
いつの間にか2週間ぶりになってしまいました。

先週はとにかく移動の多い週でした!わたしにしては。
月~水曜日は奈良に旅行、三輪山に登り、毎日のように歩き回り。
土曜日は長崎のお料理教室、日曜日は岡部先生のお料理教室で浮羽へ。
日曜日は知人の車に乗っけてもらったので楽ちんでしたが、
奈良ではレンタカーを借りて、大和八木から片道2時間半の道のりを
母と2人で交代しながら、天河神社・洞川温泉まで運転して行ってきました。
奈良はすごーくのんびりしたいいところで、かなりわたし好みでした。
なんだか自然が優しい感じ。
人間が克服しなくちゃいけないとか、人間を脅かすとかそういう感じじゃなくて、
なんだか「ようこそー」って感じでのんびり構えてる。
飛鳥の景色を見ていると、ああわたしは日本人なんだなーってしみじみします。

しかし、天河神社では気分が悪くなってしまうというハプニングが。
前日の食事はバイキングで、野菜サラダを中心にもりもり食べたとはいえ、
まぁせっかくだし!ってことで他にも色々食べたんですよねー。
元々動物性は好きではないので、そっちの方は食べなかったんですけど
結構なお砂糖と化学調味料を食べたのでした。
ホテルの朝ご飯も、久々に炭水化物がっつり!白くてふわふわのパンを食べましたし。

あ、あとすごく久しぶりにマーガリンも食べたなぁ。
以前「バーガリン」という、トランスファットフリーのマーガリンがあると聞いて
買ってきて食べたことがあるんですが。
その日は妙に疲れてて、ちょっとこってりしたものが食べたくなっていたので
わたしにしてはわりとたっぷりめにパンに塗って食べたんですね。
そしたらその次の日から、ものすごい激しい鼻水とくしゃみが…!
ちょっとわたしの身体にはあわなかったみたいです。
そんなわけでマーガリンは鬼門のクセに、まぁちょっとだけだからと食べたんですよねー。

で、案の定?天河神社で気持ち悪くなってしまったのでした。
いろんなものを身体に抱え込んだまま、突然すごくきれいなところに行ったから
気分が悪くなってしまったのかなぁ、と思いつつぐったり。
以前、病気がすごくひどかったとき、母がよく「気持ちいい自然のところに行こう」と
連れ出してくれていて、大抵は神社なんかに行ってたんですね。
やっぱり神社のあるところは、土地が「きれい」なところが多くて気持ちがいいので。
しかしわたしはそういうところに行くと、なぜかいつも気持ちが悪くなってました。
なんでだろう?と不思議に思ってたんですけど、なにかの本で、
内側にいろんなものを抱えていると、「気当たり」してしまう…と読み。
確かに元気になって、身体も心もクリーンになるにつれ、気分が悪くなることが
なくなってきたので、そういうこともあるのかなーと捉えておりました。
なので今回は久々の「神社当たり」。
でもこれは明らかに自業自得だ…。

せっかくだからお祓いしてもらおうか、と母の提案。
まぁ座ってるだけなら大丈夫かな、と神主さんのお祓いを受けていたのですが、
お祓いを受けているとちょっと気分が落ち着いてくる気がする。
これは気分的なものかしら、と思いつつ、最後にお神酒を一口頂いた瞬間。
なんだかすーっと楽になってしまったのでした。
不思議!とかいうよりも、「あーお酒って、やっぱり神聖なものなんだな」と思いました。
質が良くて、ちゃんと作られたものは、適量ならきっと身体にいいんだろうな。
酒は百薬の長、というくらいですから。

そんな感じで、奈良旅行はいろいろと面白かったです。
三輪山も夢中になって登ってて、気持ちよかったです!
登り始め、なんだか楽しくなって母親を置いて一人でどんどん登って行ったら
母が「すごいスピードでなんか山伏みたいだったよ」と言ってました(笑)
うん、実はあんまり登り始めの記憶がないんだ…。

そして土曜日の長崎も、福岡からは車で3時間の道のり。
organic baseの奥津典子さんのお母さん、柿本先生のお料理教室にお邪魔しました。
柿本先生はとても美しかったです…。
頭も良くて(九司先生の本を何冊も訳してらっしゃいます)、そして美人。ひええ。
でも、なんだかとっても優しい方でした。
病気のこととかを少しお話する機会があったんですけど、
すごくちゃんと話を聞いてくださっていて。
それがどんな話でも、「話を聞いているようで、フリをしている人」っているんですよね。
なんだかわたしも気を抜くと、ついついそうなってしまうんですけども。
相手の言葉を聞いたときに、思わず反応する自分の心ばかりにフォーカスすると
相手の話を「ちゃんと」聞けないんですよね。
そして「それは違う」とか反論したくなったり、ついつい聞き流してしまったり。
それが聞いているフリ。相手の言葉を大事に出来ないのです。
でも柿本先生はそういうのがなくて、ちゃんとお話を聞いて下さる人でした。素敵だなぁ。

日曜日の岡部先生の口座では、何人かの方に
「顔がスッキリしたね」「痩せたね」「肌がきれいになったね」と言われました。
自分ではあんまり実感してなかったので、そうなんだー!って感じ。うわーい。
これは間違いなくロー・リビングフード、ナチュラルハイジーンの効果です。
そしてナチュラルハイジーンのことをいろいろとお話してきました。
マクロビオティックの講座でそれはいいのか?って感じですけど、
まぁみんながキレイになって元気になればなんでもいいじゃん!って感じです。
わたしはマクロビオティックも好きだし。別に無理に勧めてきたわけでもないし。
よい情報はどんどんシェアすればいいんですよね。
もらった情報をどう使うかは、まったくの個人の自由なのだし。

いろいろと発展を見せているナチュラルハイジーン生活については、また今度。
[PR]
by macrobi_pirico | 2008-09-16 16:44 | 日々のこと
**  最近の身体のことなど
いつの間にか9月ですね。ごぶさたしております。

最近のわたしはというと、とくに前回から変わりなく…。
バイトに行ったり、図書館で本を借りてきたり、お出かけしたり。
そうそう、ローフード(というよりは、ナチュラルハイジーン?)も続けています。

ローフードを試してみよう!と思い立ったときは、
「食事のことって個人的なことだから、家族には押し付けないようにしよう」と
一人で始めるつもりだったのですが…
なぜかそれを見ていた母親が、「ちょっと面白そう!」と言い出しまして。
彼女はなんでも興味を持つと、すぐに(ほんとにすぐに!)本を買います。
で、ナチュラルハイジーンの本が届きました。
そして好奇心は留まるところを知らず、直売所で安いフルーツを買い込んできたり、
緑の野菜やスプラウトを大量に買ってきてくれたり。
ほんとになんというか、行動力のある人だ……。

そんなわけで、現在の我が家は非常にナチュラルハイジーンの実行しやすい環境になっています。
ほんとに行動力ありすぎだよ!早いよ!
(そしてもうすぐミキサーも届きます…)
まぁありがたい話なんですけどね。わたしにすれば。

そして最近は、果物もわりと受け付けるようになってきました。
食べなれると結構食べられますね。フレッシュな感じがおいしいです。
最近は朝起きると、「瑞々しいフルーツが食べたいなぁ」と思うようにまで。
いいと思ったら食べられちゃうものなのかもしれないです。単純だわ。やれやれ。

そしていいのか悪いのか、炭水化物を食べ過ぎると、異常に眠たくなってしまう感じ。
というか、生野菜・フルーツを食べていると、炭水化物が重いのです!とっても。
なので昼も夜もごはんは食べるのですが、量はかなり減ってます。

おかしいなぁ、ごはんは「主食」ではなかったのか…!?
やっぱり日本人としては、お米は食べたい。
ずーっと食べてきたものだから、これが身体にあってないはずがない!

ってことで一応ご飯は用意するのですけども、今日はまだ3口くらいしか食べてません。
バイト中におにぎりをちょっと食べたら、なんだか胃にずっしり来ちゃって、
それ以上食べる気をなくしちゃったんですねー。
で、あとはフルーツと野菜ばっかり。どうなっているのだ。ご飯党のわたしが…!

それで肝心の体調はどうかというと。
うーん、よくわかりません。とりあえず、ちょっとは痩せました。野菜ばっかりだから当たり前だけど。
でも目の下が少し黒くなっている気がする…これは働き疲れのせい?
ちょうど先日、丸一日シフト+翌日も朝から出勤、の日があって、
どうやら体力の限界を超えていたらしくて、昨日は発熱しちゃったのですねー。
それを引きずって今日もあまり体調が良くないので、
食事の変化を見極めるにはちょっとフェアじゃない感じです。
でも特別、すごく悪くなっちゃって倒れそう…!とかそういうことはないです。

炭水化物が減ってるとか、果物や生野菜が増えているとか、
なんだか一見するとマクロビオティックに矛盾していると食生活になっている…いうか
もっと言えば「マクロビオティックに反している」ような感じがしてしまうのですが、
わたしはローフードやナチュラルハイジーンが、マクロビオティックと相容れないものだとは
全然考えてないんですね。
寧ろマクロビオティックのくれた「考え方の基礎」はすごく大きなもので、
マクロビオティックを知らなければ、たぶんローフードにも興味をもてなかったんじゃないかなぁ
…と、思うのです。

前回でも書いたように、わたし的にはローフードは
「生きているエネルギーを、そのまま取り入れる」ってイメージの食べ方なので。
これも「マクロビオティック的な観点」だとわたしは勝手に思ってます。
そもそも、このっくらいのことで「なーんだ、マクロビって違ったんだ」とは思えない。
そんなやわなものじゃないですよね。なんか、もっともっと骨太なものだと思うので。

何よりも大事なことは、身体で実感することです。よね。

わたしは、もう5年以上マクロビオティックをそれなりに「ちゃんと」(という言葉も、
使いどころが難しいけど…)実践してきているつもりだったんですけど、
なぜかここ1、2年はやたらと体重が増えてきて困っていたのです。
肥満というほどではないにせよ、なんとなくむっちり…
しかも顔色もちょっと良くなくて、どんよりと滞っている感じで。
レベル2でお会いした東洋医学を学んでいる方にも、
「あなたくらい若いのにこんなに滞っちゃってるのは見たことない」と言われるほどに。

マクロビオティックを始めたときにはかなり痩せたんですけど、
段々とそれが戻ってきて、さらには元の体重をオーバーしちゃったんですよね。
けれど病気になる前って、わたしは太ったことなかったんです。今まで。
たぶん最近知り合った人にはちょっと信じてもらえないかもしれないんですけど(笑)
「痩せの大食い」タイプでした。めっちゃ華奢ってワケでもなかったですけど。
まぁ、胃が悪くて太れない体質だったんですねー。

だから最近なんだか「むっちり」してきているのはわかってはいても、
ダイエットするという習慣が全くないのですよ!
体重なんて増えてもほっとけば減るんだよね、って思っていたので。
呑気すぎるわ。

で、わたしは「たぶん食べる量が多いんだろうなー」って思ってたんです。
でも、少食とまでは行かなくても、別にそこまで異常に食べてるわけでもない。
じゃあもっともっと少食にしなくちゃいけません、ってサイン?半断食Daysへの招待?
とは思ったものの、そうすると次は低血糖の発作が起きて、ほんとに身体が辛くなる。
これじゃどうしようもないじゃーん!って思ってたんですよね。
むくんでいるのも、リンパマッサージとかいろいろやってみても改善しないし。

キーワードは、「滞り」。
いろいろ体のレベルで滞りすぎている!と感じてました。
しかもなんだか最近、玄米が全然食べられない。
ちょっとお米が多くなると、みかんジュースを飲まなくちゃおさまらないくらいに
喉が渇いて、身体が熱くなって落ち着かなくなってしまう。

そういうときに、ローフードに興味を持つようになり。
食べてみてまず感動したのは、低血糖の発作が起きないこと!
前よりも穀物食べてないのに、なんで??って感じ。
それから、むくみも以前よりぐっと減りました。
変な食欲も治まるし、胃は軽くて楽だし、なんだかいいことづくめじゃーん。
って感じなのです。

そしてもうひとつ嬉しい変化が、「足の爪」。
右足の親指の爪の内側(人差し指の方)に肝臓の経絡が通っているらしいのですが、
わたしはいつもそこに縦に亀裂が入ってしまうんです。
割れているわけじゃなくて、表面に白いひび割れが起きてしまう。
何度切っても、また必ずひび割れていて。もうずーっと!なのです。
これは肝臓のトラブルのサインなのですが(低血糖症の人に多いみたい…)
それがちょっぴり薄れてきているのです!目立たなくなってきてる。
肝臓が改善されているサイン…なのでしょうか。

そうそう、女性のためのナチュラルハイジーンという本では、
「果物を食べて不快な症状が起きるのは、肝臓の糖代謝が良くないため。
果物・生野菜を食べ続けて消化器官が正常化すれば、改善される」と書いてました。
糖代謝がよくない、というのはまさしくわたしそのものなので、
本当にコレでよくなるのか…というのを、ちょっと実験して試してみようと思います。

あ、他にも色々書こうと思ってたことがあったのに、また食べものの話で長くなってしまった。
そんなわけで、今回はこの辺で。
[PR]
by macrobi_pirico | 2008-09-02 17:32 | 日々のこと



CFSをきっかけに、マクロビオティックを始めました。こころとからだになみなみならぬ興味を持っています。by文(Aya)
**links**
フォロー中のブログ
ヒビノウタ☆
楽しむ空間「クラム」 趣...
DOWN TO EARTH 
日々の食べ物、からだの声
Favorite Days
かぞくdeマクロビ 
まあるい、毎日。
**FUWA*ふわ*FU...
素直にありのままに・・・
カテゴリ
全体
ごあいさつ・お知らせ
おうちご飯
マクロビスイーツ♪
マクロビあれこれ
酵母ちゃん
お料理教室
日々のこと
おそとご飯
病気、慢性疲労症候群のこと
ホメオパシー
からだやこころのあれこれ
KIJレポート
考えごと
raw + living food
低血糖症
以前の記事
2011年 06月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧