Top
**  <   2008年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧
**  すっきり。
ほぼ復活!でございます。たぶん。

咳はまだほんの少し出るのですが、喉に引っかかってるものが原因…という感じで
以前のような肺が苦しくて仕方ない!みたいな咳ではないので、随分ラクです。
ただ、喉がちょっとふさがってる感じで声がうまく出せないのですけど。
痰の色もうっすら黄色~透明、というだいぶ普通の状態に戻ってきたし。

面白いんだけど、やっぱり体調が悪い間ってお菓子を作りたいとも思わないんですよね。
別に食べると悪化するばかりなので作らなくて丁度いいんですけど、
作ること自体がしんどくて、めんどくさくて、アイディアも浮かばなくて。
でも体調が上向いてきた途端、このレシピ試してみたい!って感じになってきて。
もちろん、料理も同じ。

しかも、治り始めてきたらなぜだか無性に部屋の掃除がしたくなって、
いい加減いらないのに溜め込んでいた大学用の資料だとか、
もう着ないだろうなぁという洋服だとかをまとめて捨てて、部屋の大掃除をしました。
まだまだ捨てられそうなものもたくさんあるけど、とりあえずすっきり。
自分の環境はからだの中の状態を反映している…と言われるし、
部屋を片付けたくなったのも身体がちょっとはキレイになったからなのかなぁ。

他にも、いろいろとやりたいのになかなかやる気が出なくて取り組めなかったことも
フシギとやる気が戻ってきて、ちょっと前進させられたりとか
ポジティブな変化がいろいろありました。
やっぱり排出だったのか?

今日は朝から軽く経絡ストレッチをして、バイトではお客さんが来なくて暇だったので
床を磨いて(ふだん使わない筋肉を使うので、握力がなくなった…)、
帰ってきたら疲れていたので一時間ほどぐっすり寝て
(最近は眠い!と思ったらすぐに寝ます、出来る限り身体の声に忠実にしといたほうが
長い目で見れば、結局は効率がいいような気がするので。)
起きて、本を読んで、晩ごはん作って、お皿を洗って、パウンドの試作をして。
で、お風呂に入って出てきたらこんな時間になっちゃったんですけど。
ここのところずーっと調子が悪かったから、ごはんも後片付けも母に任せっきりで
なんもしてなくて悪いなぁ…って思ってたので、ちょっとすっきり。
というか、具合がいいとこんなにストレスなくやれちゃうんだなぁと実感。

ここ最近、咳やら倦怠感やらでへとへとな生活の中で改めて思ったのは、
「不健康だと生きるのがこんなにもしんどいのか!」ということ。
いえ、今もやっぱり健康な人に比べたらだいぶ弱いんだなーと思っていたのですが、
それでもかなり良くなってはいたんだな、と再確認できました。

毎朝ぎりぎりに起きて、疲れているけど身体を引きずるように出かけていって、
なんとかやるべきことをこなして、帰ってきたらもうへとへと疲れていて。
なんにもできずに、ただ食べて、ひたすら寝て。
毎日がその繰り返し。やらなきゃいけないこと以外なんにもできない、
というかそのやらなきゃいけないことさえ、普通の人以上に頑張っていても
ぎりぎりのレベルでしかできなくて、それがストレスで。
自分がなんのために頑張っているのか、さえも見えなくなってしまう。

そんな状態だとやっぱり毎日が楽しくなくて、生きてること自体がイヤになってしまう。
それをほんとーに実感したここ二週間でした。
今日は体調に余裕があったので、やっぱり同じ仕事してても楽しいんですよね。
こんなにも身体の状態は毎日の生活の質に影響を与えていたのか!
そりゃー高校生の頃は毎日が楽しくなかったはずだ、としみじみ実感。

…と同時に、この状態で生きてる人も、やっぱりいるんだよなぁ。と思いました。
以前のわたしがそうだったように。

でも、そんなの、すごくもったいない。
苦しかったり辛かったりするだけじゃなく、楽しめないということが、もったいない。

もちろん病気の状態でも、心穏やかに過ごすことだってできるし
それが悪いことばかりだというわけではないのだけれど
(病気のお陰で気づいたこと、考えたことは計り知れないし!)
でもやっぱり、健康であることは本当にかけがえがないのだな、と。
そして、そういう状態をもっともっと多くの人が享受してほしいなぁと。
心からそう思いました。
だって、やっぱり生きてるなら、楽しくて清々しい方がいいと思うから。

食べものと身体はきちんとつながっていて、それが心にも影響するということが
やっぱりもっともっと広まってほしいなぁ、と思います。

はっ、いろいろ書いてたら日付が変わってしまいました…

※メールのお返事、遅れてますが書きたい気持ちでいっぱいですので、しばしお待ちを。
[PR]
by macrobi_pirico | 2008-05-31 00:01 | 日々のこと
**  切干大根にハマる日々、それから雑感
咳はちょっとずつおさまってきています。
夜は相変わらず眠りに入るのが一苦労だし、朝方に咳込んで起きてしまうのですが
咳き込む頻度は明らかに減っている!(喜)
そして出てくるねばねば(婉曲表現)も、明らかに大人しめのものになってきてます。
色も薄くなってきたし。よかったよかった。

今日はバイト・4連勤の最終日。この4日間で今日が一番体調良かったかも…
頑張って隠してはいたものの、ごほごほうるさくてお客さんにも迷惑を掛けてしまったし
シェフにも色々気を使わせてしまって大変申し訳なかったです。
でも、なんとか休まずに乗り切れたことはよしとしよう♪
なんてったって社会的リハビリ中なので、あんまりハードル上げると続かないんだもん。

で、最近はまっているもの。
この頃、すごーく甘味が欲しくなる瞬間があるのですが、
そういう時にいわゆる「甘いモノ」を食べても、なんだか満足できないのですね。
甘酒とか、米飴とか、おいしいんだけど甘すぎるしなんだか身体は落ち着かない。
そしてなぜか、新玉ねぎと切干大根が頭に染み付いて離れない。(変な状況・笑)

そんなわけで、導き出される結論は一つ。
今食べたいのは「切干大根の煮物」なのだということ。
なので、最近は思いついたときに切干の煮物をたっぷり作っておいて、
食べたくなったら食べられるようにしています。
本当は毎日作り立てを毎日…の方がいいんでしょうけどね。
(というのも煮物などの水分の多いものは、作ってから時間が経つと
エネルギーがどんどん落ちてく感じなので)

切干大根は、身体に溜まった古い脂肪を溶かす作用があるそうです。
それからむくみにも効果的で、余分な水分を排出してくれるとか。
脂肪を溶かしたり、利尿剤として煮汁をお手当てに使うくらい。
大根よりも、干してあるぶん太陽のエネルギーで陰性さがマイルドになっているので
毎日使えるのもいいところ。保存も効くし、おいしいし、実はカナリ便利素材かも。

マクロビオティックで面白いのは、切干の煮物一つにしてもいろいろな作り方があること。
体調だとか、季節、好みに応じていろんな方法があるのですよね。
最近のわたしの作り方はこんな感じです。

More
[PR]
by macrobi_pirico | 2008-05-25 20:00 | 日々のこと
**  最近のごはん + その後の体調
a0098897_21221536.jpg

ちょうど一週間ほど前の晩ごはんです。この日もやっぱり質素。
たかきび入り玄米ご飯(土鍋炊き)、春野菜のお味噌汁(キャベツ、かぶ、玉ねぎ)
蓮根ハンバーグ、青菜ときのこのウォーターソテー、切干大根とわかめの梅酢和え。
写真がボケていてやたら見づらいです…。


さて、体調について。
風邪を引いているのにも段々と飽きてきました…
こんなときは!と喜び勇んで?家の蔵書「ガラスの仮面」(文庫版)を
読み返していたのですが(もう何度目?)、それも19巻を過ぎた辺りからペースダウン…
漫画読んでるのも飽きてきて、ああどこか行きたいなぁと思うように。
これは身体が元気になってきてる証拠ですね。きっと。

で、体調ですが。
身体そのものは大分いいです。熱も下がりました。
まだ少し体力的には弱いみたいですが、調子は上向いてきています。
…が、ここ3日ほど咳が止まりません。
どうやら肺にたくさんの痰が溜まっていて、それを出したいから咳が出るみたい。
それもものすごーいどろっとした緑色の痰が出てくるのです。

いつもどおり大森先生のお手当ての本で調べて見ると、
「緑色の痰は細菌に感染している」とのこと。
細菌?とさらに詳しくネットで調べてみたところ、どうやら緑膿菌、というものらしい。
身体の免疫力が弱っているときに出てくるらしいです。

しかしまぁ、抵抗力が弱っていて痰が緑色なのはわかりました。
が、ずーっと咳こんでなくちゃいけないってのはどういうこと?
ひっきりなしに…というほどではないにせよ、一日中咳こんでます。
特にひどいのは朝起きてからと、夜寝る前。なかなか寝付けないのがツライ…
大量の痰が出る、というのは排出だと思っていいのかなぁ。

そんな状況ですが、昨日はバイトに行きました。一日休んでしまったので。
なんとか咳込まないように頑張ってやりましたが、どうしようもない場面も。
もちろん食べものを扱ってるときにはしてないですよ?
でも、キッチンの床にしゃがみこんで咳込み続けてしまったり…。
給仕さんなのにこれでいいのか!?と思ったけど、文句は言われず。
休まれるよりはいいみたいです(人がいないのだ!笑)
しかし咳が体力を削っていくし、接客中は気を使うしで倍疲れるのです。
うーん、早く出すもの出し切ってしまいたいです。出し尽くせば終わる気がするので。

そんなわけで、なんだか咳込みながらだとあんまりモノを考えられなくて
書きたいことは色々あれど書けないままの日々が続いております…
ああ、ほんとに健康って大事なのですね。
まぁこういう時期をどうやって過ごすか、というのも勉強ですね。
実際わりといろんなものを食べ過ぎていてあんまりしっかり過ごせてないので、
この場を借りて宣言します!
しばらくヒーリングメニューで過ごします~。
もう今日は晩ごはん食べ終わったので、とりあえず明日から。
早く元気になって、いろんなことがやりたいのです。
気力が充溢してきてるのはよい傾向!
[PR]
by macrobi_pirico | 2008-05-21 21:34 | おうちご飯
**  ペースダウン中です
久しぶりに風邪を引いてしまったようです。

ここ最近、ずーっと体調が良くないなぁとは感じていたのですが、
母の具合も良くないので家事をする必要があったり、バイトが休みの日には
料理教室などの予定も入っていて、なんとなく忙しい日が続いておりました。
疲れを引きずっているので、どこに行ってもイマイチ調子が上がらない。
正食協会の料理教室も、岡部先生の講座も、そのほかいろいろの用事も
なんだか60%くらい?のパワーな感じで、不完全燃焼状態。

そういう日々を過ごす中で、なんだか「なんとなく」で日常を進めてしまっているなぁ…
と思うことがしばしば。
「用事のない時間」というのをうまく使えなくなっている自分がいるのです。
疲れているので、空いた時間はだらだらしたいなーって気持ちになるんですよね。

なんだか、わたし、クリアじゃない。
自分の軸だとか、伝えたいことだとかが、見えなくなっている…
そういう風に感じてました。
それでも日常が「なんとなく」過ぎていくことに、若干焦りを感じたり。

で、そんなこんなで過ごしている内に、ばっちり風邪を引きました。

More
[PR]
by macrobi_pirico | 2008-05-18 19:45 | 日々のこと
**  最近のごはん
先週半断食から帰ってきた両親、ただいま2人揃って激しく排出中です。
もうね、咳がひどいんです。ごほごほと。
やかましい上に家の中がなんだか陰気です。(笑)
なんともねばっこい、いかにも排出!という感じの痰が出るそうですよ~。
母親にいたっては声も出なくなってて、ひそひそ声で喋ってます。大丈夫かな?

ということで、わたしが負担する家事の割合が一気に増えてくるわけですが。
最近はあちこちに出かけることが多くて、あんまり家のことが出来ておりませんでした。
でも今日はバイトだけでわりと暇だったので、落ち着いて晩ごはんを作ってみました。
a0098897_2302859.jpg
とはいえ、とてもシンプル。というか相当粗食?
・ 黒豆ごはん
・ すりおろし蓮根とひえのスープ(玉ねぎ、しめじ)
・ 切干大根の煮物(玉ねぎ、人参)
・ 湯引きレタスの胡麻海苔和え
・ たくあん
両親の肺のトラブルを少しだけ意識して作ってみました。
肺のトラブル→五行で言えば金のエネルギーを強調。食材では黒豆と蓮根。
…というところまでは一応わかるようにはなってます。一応ね。
でもまぁ、素直に自分が食べたいと思うもの、そして冷蔵庫にある材料で作りました。
そうするとこんな粗食に。

わたしが素直に作ると、こんなのになっちゃうのでブログに載せづらいんですよねぇ…
でも、日常の「ケの食事」ってこんなものでいいのかなぁと思うんです。
我が家はいい加減平均年齢も高いし、運動量も少ないし。

そして家族には好評でした。わたし的にも満足度は高かったです。
蓮根とひえのやわらかい甘味のスープは最高でしたし、
そしてお砂糖ほんとに入れてないの?ってくらい、とびっきり甘い切干大根!
レタスの苦味+胡麻と海苔の風味、そしてぷっくりおいしい黒豆の入ったご飯。
そして最強のご飯のお供・たくあん。大好物です。

今日の反省点は、ちょっと青いものが足りなかったことかなぁ。
軽さが足りなかったような気がします。
でも切干大根はすごーく身体にあっていた気がする!おいしかったぁ。
こういう、何気ないものがおいしいのって本当に幸せですよね。

そうそう、それから最近作ってヒットだったもの。
a0098897_23141013.jpg
中島デコさんの「マクロビオティック パンとおやつ」から、コーンブレッド。
コーンミールと小麦粉、そしてコーンを入れて作るのです。
甘味は一切無し、なのにほんのりとうもろこし甘いのがたまりません♪
アリサンのコーンミールはすごくおいしい!
ちょっと粗引きなのもざっくり感が出てわたし好み…なのですが、
家族にはあんまりウケが良くなかったです。
(どうやらルックスから、もっと甘いおやつを期待していたようです)
そんなわけで喜んで一人で消費してました(笑)。

最近はとうもろこしにかなりはまってます。
かぼちゃよりも軽めのスイートさ、そしてかわいい黄色も大好きです!
今年はいろいろとうもろこしレシピを開発できたらいいなぁ。
コーンミール、フラワー、グリッツ…加工品もいろいろあって楽しそうですよね。
まだ時期じゃないので、有機の冷凍コーンでちょっと邪道なんですが
手に入りやすいところもなかなかの魅力です。

とうもろこしは火のエネルギーの穀物なのですが、
たぶん今のわたしは、火のエネルギーの軽さと活発さが欲しいんじゃないかなぁ。
(火に対応する臓器=心臓のトラブルも心当たりがいろいろとありますし。)
ともあれ、今はとうもろこしを食べるたびに
「こんなにおいしい食べ物が存在する地球上に生まれてきて幸せっ」
って感じになってます。(笑)
これが秋が深まると、栗とかかぼちゃに変わってくるんですけどね。
[PR]
by macrobi_pirico | 2008-05-13 23:26 | おうちご飯
**  近頃のことあれこれ。
ここ数日、いろいろと日常の中で気づくことがあったので記録。

この間の木曜日は、バイトがお休みだったんですが体調が悪くて一日寝てました。
…でもですね、寝てました、といっても以前のように
「身体が重苦しく布団に張り付いていて、全身が痛くて、泣きそうなくらいシンドイ」
という感じではなく。
頭がぼーっとして微熱っぽく、身体を動かすのがめんどくさいなぁ…という感じ。
そもそも以前はこの状態がデフォルトだったような気がするので、
たまにそういう日があると「そういえばこういう体調の時期もあったんだよなぁ」と
忘れかけていたあの日々を思い出します。

なので、そういう体調でも別に動けない、というわけでもないので
一日おとなしく、部屋の掃除をしたり、母親のお使いで車を出したり。
お客さま用にお菓子も作ったけど、そっちはやっぱり失敗気味でした。

それから、ふわーっと眠気が襲ってくる瞬間が何度もあって、
その度にぐっすりと眠り込んでました。
夜は夜で、九時間半も寝ましたし。
どうやら帰ってきた翌日からフルで動きすぎていたみたいで、
そのツケが回ってきたようです。

でもそうやって「眠気が来て、すこんと眠れる」というのも
かつてはなかった感覚なんですよね。
眠いのに眠れない、疲れているのに目がさえて、お布団の中でぼーっとしている…
以前はそんな感じでしたもの。
身体が素直に休眠を要求してくるようになって、それに素直に従えるようになった感じ。

…なんだか以前の病状と比較して、フォローしてばっかりですけど。(笑)
でも本当に良くなったんだなぁ、と感謝の気持ちで一杯なのですよ。
あるいはこういう姿勢が、病気と付き合っていくには不可欠かもしれません。
他人からすればちょっとの前進でも、ちゃんと喜んで受け止める姿勢が。


それからですね、金曜日の夕方は親知らずを抜きました。
わたしは口が小さいので、親知らずが邪魔になっていて隣の歯を圧迫して
痛むことが多くなってきたのと、歯ブラシが本当に届かない場所なので、
かなりの虫歯になっていた模様。
でも食べものさえも滅多に届かないので、自覚症状がまったくなかったんですね。
抜き終わって洗浄されたの歯を「ほら」と見せられて、その穴の深さにびっくりでした。

で、例によって抗生剤と化膿止めと痛み止めを頂いたんですけど、
そのどれも飲んでません。なんか要らないような気がしたので…
実際痛みはそれほどのものでもなかったし、今も腫れているような感じはないです。

ただし。
麻酔の影響。これってすごく大きいな、と身体で感じました。
感覚を鈍らせる=細胞を緩ませる、という感じで相当の陰性のようです。
まず麻酔の注射をされた瞬間から、心臓がどくどくとうるさくなるのを感じます。
たぶん瞳孔も開きがち。
この感じは、以前久々にパフェを食べたときの反応によく似ています。(笑)

それから翌日に起きてびっくり、顔がぱんぱんにむくんでいる上に
下唇もかつてないくらいぷっくり腫れて、鼻もなんだかいつもより丸い感じ?
唇は大腸と、鼻先は心臓と対応しているので、どちらも緩んだのだと思います。
実際に翌朝はお通じもなく。うーん、すがすがしくなくてキモチワルイです。

それから、抜いた当日はさすがに出血が結構あったので、
止血剤に!と夜にごま塩番茶を飲んでいたのです。
最近は陽性のものが全然入らなくて、玄米も要らないかも?というくらいだったのに、
麻酔で陰性になった身体にはすごーくおいしい。
しかし、ひとつお馬鹿なミスをしてしまったのです。
出血を止める=血液の中のミネラルを増やせばいいんだ、と理解していたので
梅醤番茶を飲んでしまったのです。
しかし梅醤番茶は強心剤。出血性のトラブルの時にはますます出血がひどくなるのです!
陰性気味の体調だとおいしそうに思えたので、うっかり忘れてました。
で、その夜は見事に、どくどくと血が。(T_T)
でもまぁ、寝てしまえば気にならなかったのでほっときましたけど。

そして昨日、一月ぶりに正食協会の初級クラスでした。
正食協会のお料理は、わたしの普段の食事に比べると結構陽性が強めな感じ。
けれど今の弱った身体にはかなりぴったりだったみたいで、むしろ助かりました。
しかし口があんまり開かないのと、片側の歯しか使えなかったので、
食べるのに相当時間がかかっちゃいました。
頭もぼーっとしてるので、実習も役に立たない度普段の5割増、って感じでした…

でも正食協会は、普通の和食っぽくてかなり好きかも。
クシはなんだか「?」なメニューも多いのですよね。
日本人にはなじみがないというか。でもおいしいんですけどね。
やはりそれぞれに違った魅力があるのですよね。

そして今日は岡部先生のMI講座に行って参ります~。
先月はお休みせざるを得なかったので、二ヶ月ぶり。楽しみです。それでは♪
[PR]
by macrobi_pirico | 2008-05-11 08:08 | 日々のこと
**  KIJ Report level 2 #1
a0098897_1828351.jpg
さて、レベル1のレポートも終わってないのにレベル2のことを書こうとしている
いい加減なやつがここにいます。(笑)でもこういうのって鮮度が大事だから。

さて。今回は、Kushi Institute of Japan、山梨は小淵沢にて
2008年4月12日から5月2日にかけて開催された
マクロビオティックリーダーシッププログラム レベル2に参加してきました。

More
[PR]
by macrobi_pirico | 2008-05-06 18:48 | KIJレポート
**  ささやかだけれど、確かなこと。
レベル2に参加することで、わたしが欲しいもの、身につけたいものってなんだろう。

また2ヶ月ぶりに小淵沢に行くことが決まってから、ずっと考えていました。
わたしはなんのためにまたあそこに行くのか。
マクロビオティックの勉強のため?
それもある。もちろんある。でもたぶんそれだけじゃないはず。

レベル1のときの大きなテーマは「人との関わり」だったけれど、
今回もやっぱりそれだと思いました。
けれど今のわたしが欲しいものは、たぶんレベル1のときとは違うもの。

もやもや考えながら言葉になるのを待っていたら、
ここ最近、日常生活の中でもずっと考えていたこととそれが繋がっていることに
ある日 ふと気がつきました。

More
[PR]
by macrobi_pirico | 2008-05-04 19:58 | KIJレポート
**  帰ってまいりました
昨日、9時過ぎに我が家に帰ってきました。
特急、山手線、京急線、飛行機…とあまり時間的に余裕がなく、
飛行機に乗った頃には既にクタクタ。
離陸の時には完全に落ちてました。(笑)
しかし上空で目覚めたときには、なぜだか元気に。
それからご飯を食べて、相当復活していました。単純です。

前回と同じように、帰り道では品川のリトルママンに寄り道。(時間がなくても寄る。)
そこでデリ×2と、玄米ご飯と、スープのセットをテイクアウト。780円也。
あとは「すごくおいしい!」と情報を貰っていたソイアイスも、バニラ味を買いました。
っていうか、なんだかどーしても食べたくなっちゃったんですよね。(笑)
わたしは昔から冷たいものは苦手で、アイスクリームはあんまり好きじゃないんですが。

どうやら、わりと忙しい毎日→特急での移動、で身体は相当陽性になっていたみたいで
空港での待ち時間にアイスを食べたら、身体がストン、と落ち着くのがわかりました。
アイスには陰性さだけでなく、陽性さという固める作用もあるんですけどね。
でも、身体の内部の熱を見事に奪ってくれたようです。

リトルママンのデリも、どうしても濃い味付けのものなんかは入らないなぁと思って
自然とふらふらと手が伸びたのが、蒸し野菜のサラダと切干大根のトマト煮。
うーん、どちらもおいしかった♪豆と野菜のスープも優しい味でかなり好み。
でもサラダに入っていたほくほくのさつまいもは甘くて美味だったけど、
今のわたしにはカリフラワーが一番嬉しかったかも。
青梗菜とか、青い野菜が無性に食べたいです。今も。

で、我が家に帰ってきたのですが、いまちょうど両親が居ないんです。
なので愛犬も預けてあって(今日これから迎えに行きます)、帰ってくると一人。
それでもきっと、娘に対する温かい心遣いで、書置きがあったりお風呂が掃除してあったり
するのだろうと思って帰ってきたのですが、現実は甘くなかった。
帰ってきてお皿を洗って、お風呂を掃除して入って、お米を洗ってから寝ました。(笑)
1週間位一人でのんびりできる予定なので、いろいろと復習をしながら
自分にあった食事のバランスを試すよい機会。楽しみです♪
問題は、今日からバイトだということなんですよねぇ。
バランス、めちゃくちゃになりそう。(笑)まぁそれも勉強!

今回の小淵沢も、とても素敵な経験になりました。
前回とはまた意味合いも違っていたし、過ごし方も違っていたけれど。
たくさんの貴重な気づきがあり、それから素敵な出会いもありました。
普段は出来ない経験を通して、わたしというものが見えたような気がしました。
体のことも心のことも、新たな発見があったし。

でもその辺のことは、またゆっくりと考えて、言葉に出来たらなぁと思います。
とりあえずただいまです。
[PR]
by macrobi_pirico | 2008-05-03 08:20 | 日々のこと



CFSをきっかけに、マクロビオティックを始めました。こころとからだになみなみならぬ興味を持っています。by文(Aya)
**links**
フォロー中のブログ
ヒビノウタ☆
楽しむ空間「クラム」 趣...
DOWN TO EARTH 
日々の食べ物、からだの声
Favorite Days
かぞくdeマクロビ 
まあるい、毎日。
**FUWA*ふわ*FU...
素直にありのままに・・・
カテゴリ
全体
ごあいさつ・お知らせ
おうちご飯
マクロビスイーツ♪
マクロビあれこれ
酵母ちゃん
お料理教室
日々のこと
おそとご飯
病気、慢性疲労症候群のこと
ホメオパシー
からだやこころのあれこれ
KIJレポート
考えごと
raw + living food
低血糖症
以前の記事
2011年 06月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧