Top
**  <   2008年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧
**  ある日の晩ごはん
a0098897_2141367.jpg
久々の晩ごはんの画像です。
これはもう大分前のもの。2月9日のものです。
母親がいなくて、父親と2人の晩ごはんだったんですよね。
煮た車麩+中華餡(白菜、えのき、干ししいたけ、生姜)、大根きんぴら+かぶの葉、
春菊の黒胡麻和え、かぶとわかめのお味噌汁。
にんじんがなくてヤキモキした覚えがあります。色が際立って地味…。
でも中華餡の味付けがびっくりするくらい上手に出来て、父親にも好評でした!
a0098897_21442083.jpg
これは今日の晩ごはんでした。
バイトを始めてから、家に帰ってくると疲れているのもあってか
どーしてもご飯を作る気持ちになれなかったのですが…
今日は母親が体調不良のため、ようやく久々にごはんを作りました。
疲れていたのと時間がなかったので、とってもお手軽ご飯ですが。
湯豆腐の餡かけ(蓮根、しめじ、葱、にんじん)、山芋団子のおすまし、
焼き蕎麦(白菜、青梗菜、にんじんをたっぷり)。

わたしはメインに困ると餡かけを作る傾向があることがわかりました(好物なので)。
それから、父親が焼き蕎麦が好きなので、時間がないときは野菜をたっぷりで作れば
父親も喜ぶし、野菜もしっかり食べられるので我が家ではよく出てきます。
ちなみに麺と同量かそれ以上の量の野菜が入ってます。
蕎麦はオーサワの国産小麦を使用したもの。近所のスーパーで買えるのです。
山芋団子のおすましは、KIJのごはんで出てきてとってもおいしかったので作りました。
すりおろした山芋をおすましにそのまま落としただけですが、これもすっごく好評。
山芋嫌いの父親が気に入ってくれました♪
ちなみにおすましには、あんかけの湯豆腐を炊いた汁を使いました。
昆布出汁+豆腐のやわらかい甘さが染み出してるので、捨てちゃうのももったいない!

それにしても…働きながら自炊してマクロビオティックをされている方って、
ほんとにえらい!すごい!尊敬しちゃいます。
どうしても、陽性化してしまうと毎日ご飯を作るのは大変そうな気がするのですが…
でも今日、久々にごはんを作ったらやっぱり楽しかったです。おいしく出来たし。
野菜をたっぷり摂るとすごく身体が落ち着くのも改めて実感。
ご飯作りはやっぱり大切。
新しいバランスの中で、改めてそのことがわかりました。これもひとつのお勉強ですね。
[PR]
by macrobi_pirico | 2008-02-27 21:55 | おうちご飯
**  生活の変化と食事のバランス。
KIJから帰ってきてからの一番大きな変化は、
わりとなんでも食べられるようになったことかもしれません。

最近のわたくし、ちょっと前にも書いたようにバランスが変わってきています。
以前はそれほど甘いものも要らなかったのが、ちょっと強い甘味が欲しくなったり。
やたらと食べ過ぎたり、クリーミーなものに依存したり。
でもまぁいきなりライフスタイルが変わったので(バイトを始めたため)、
こういう転換期にはよくあることかなぁとあんまり気にせずに、自分の身体を観察してます。
たぶん普通の人にとってはなんでもない、楽勝なお仕事だとは思うのですが
毎日ぼーっと過ごしていたわたしにとっては結構な運動量なのです。
ちょっと情けないけどこれは仕方ない、できることからやってくしかないですもんねぇ。
(がんばろー!)

で、自分の身体を観察していると、いくつかの変化に気がつきました。

・ 油モノがわりと平気。
・ 強い甘味を摂っても前ほど気にならない。
・ 動物性も少しならけっこう平気っぽい。
・ 食べものの影響をそこまで強く感じない、というか多少バランスを崩しても動ける。

まず、油モノ。
去年は揚げ物全般がほとんど食べられない状態でした。
胸焼けしてしまって食べられなかったり、油っこさがどうにも好きになれなかったのもあるし
心のどっかでは、「油の摂りすぎはクリアになることを妨げそう…」という気持ちも。
家族が食べていても自分は食べないとか、量を少なめに…という感じでした。

けど、最近は違います!
やっぱりたくさんは食べられないけど、揚げ物もおいしいなぁと感じるようになりました。
身体を動かすにはやっぱり多少の油が必要なのかなぁという気もするし、
「揚げ物」という高温調理でさっと!という活発めなエネルギーが要るのかなぁと感じます。

次に、強い甘味のこと。
以前は甜菜糖、買っても一袋を使うのに1年かそれ以上かかるくらい食べられなくて。
なぜなら食べると、反応が出てふらふら~となっちゃうからなんですね。
今も、食べすぎはやっぱりよくないなぁと感じるけれど、
逆に米飴や甘酒とは違う軽めの陰性さがいいなぁと感じます。
と思っていたところ、奥津さんのブログ
「マクロビオティックを長く続けていてずーっと米飴を摂ってきている場合などは、
逆にメープルや甜菜糖の陰性さも必要かもしれません」
という趣旨の一文を発見。
そういう考え方もあるんだなぁと目からウロコ。でもすごくわかる気がします。
でもまぁ、やっぱり糖分過剰はオススメできません。摂りすぎるとテキメンに足がだるい…。
やはり適量、適度が一番ですね。

それから、動物性のこと。
前は全然要らない!って感じでした。わたし。
元々お肉もお魚も好きじゃないのもあって
(卵好きでした。そのせいか顔はまんまるです)
普段はまーったく食べなくても平気。
むしろ食べたくないなぁという気持ちのほうが強かったです。
なんとなくエネルギー的に必要ないのかなぁ…という感覚もあったし、
ひとつにはやっぱり自分をクリアに保ちたい、という気持ちも強かったのかも。
ただ、最近は友達とごはんを食べに行ったりしても、結構平気で食べちゃいます。
今日も晩ご飯の一品で天ぷら+牡蠣フライ(主に父親用)が出てましたが、
いつもは食べないし食べられなかった(魚介類が苦手)わたしが
今日はなんとまぁ二個もぺろっとおいしく頂きました。
さすがに3個はちょっとムリー!って感じでしたけども。
特に「身体を動かしてるし…」と意識しているつもりはないのですが、
なんとなく食べたくなって、食べてます。
やっぱり、ちょっと「パワフルさ」もが欲しいのかもしれません。
これから暖かくなっていくとどうなっていくのかなぁ。それも観察してみます。

パトリシオ先生が、「都会の忙しい生活だと、ちょっと強い陰性さと
ちょっと強めの陽性さが必要になるときもあります」と仰っていたけれど…
忙しさはほどほどですが、確かにそうかも!と実感してます。

で、総括的に見ると、「(以前と比べて)わりとなんでも食べられる」!のです。
食べてもわりと動けるし、食事ってすごーく大事だし大きな影響力を持っているけど、
結局その結果として自分がどうしたいのか、が一番なのだなぁと感じます。
前は「食べると動けなくなっちゃうし…」みたいな恐れ?も強かったのだと思います。
最近はそういう躊躇みたいなものがわりとさっぱりなくなってきていて、
食べものに対する寛容さみたいなのが更に増した気がします。

だからといって、じゃぁ「なんでも食べるか」っていうとそうでもなくて、
やっぱりもうたくさんの動物性や脂は必要ないし、砂糖やバターもちょっと欲しくない。
そう感じる体の基礎は、5年くらいで出来てきた模様です。

それから、やっぱり自分がどうなりたいのか?もとても大事。
糖分摂りすぎてても一応動けることは動けてますが、足がむくんだりだるくなったり…と
なってしまうので、やっぱり自分としてはもうちょっとクリアになりたいかも。
じゃあ、どうするのか。やっぱり糖分を控えめにするかなぁ。という感じ。
「こうしなきゃダメ」というよりは、「こうなりたいから変えてみようか」という感じ?
本に書いてあるからこうする、ではなくて自分で決めてやってみるというか。
そういう感覚はここ一年くらいふつふつと湧いてきていましたが、ここに来て更に
自分の選択肢がちょっと自由になったというか、
いい意味であんまり「食」にクローズアップしすぎず、
たくさんある生活の要素の中の一つとして捉えられるようになった気がします。
それはごくごくふつーの当たり前のことなんですけども…
まぁ、回り道して見えたこともいっぱいあったし、それもこれも必要な過程でしたから~。

そんなわけで、日々バランスについていろいろと発見中です。
今は無性にキャベツと漬物が食べたい時期。(笑)春ですねぇ!
[PR]
by macrobi_pirico | 2008-02-26 23:06 | マクロビあれこれ
**  KIJ Report 番外編・1 ディスチャージのこと…続き
前回のディスチャージのお話の続きです。
超個人的な話だし、ちょっと感傷的だし…なので、追記にしときます。
記録用という感じで捉えていただければ。
あ、前もって注意として書いておきますが、かなり長いです。

More
[PR]
by macrobi_pirico | 2008-02-24 21:37 | KIJレポート
**  KIJ Report 番外編・1 ディスチャージのこと
さて、すっかり頓挫しておりますKIJレポート(笑)
いやいや、2~3月中にはどうにかしたいなぁ、と思ってますので…。

で、今回は番外編です。
このレポートは基本的に、「KIJってどんなところ?何をするの?」ということが知りたい方に
向けて、イメージが持てるように書いている(つもりな)です。
だからなるべく客観的な面を、雰囲気も含めてお伝えできればなぁと思っていて。

今回はわりとパーソナルな内容だと思うので、「番外編」としてみました。
わたし自身の体調や気持ちの変化について、です。
こういう風に現れる人もいるんだなぁ、くらいに捉えてくだされば。
 

More
[PR]
by macrobi_pirico | 2008-02-22 21:26 | KIJレポート
**  ただ、どう感じるかというだけのこと
a0098897_23231741.jpg
ここのところ、バランスを崩しまくっております。
まぁ、仕方ないと言えば仕方ないので、別に大して気にしちゃいないのですが。

というのも、実は久々に(!)アルバイトを始めました。
それも飲食店で。
事務系以外のバイトは初めてです。

More
[PR]
by macrobi_pirico | 2008-02-18 23:53 | 日々のこと
**  Happy Valentine !!
a0098897_18362518.jpg
昨日はバレンタインデーだったので、ガトーショコラを焼きました。
わたしにとってイベントは、完全に「便乗してお菓子を作る日」と化しているようで…。

ガトーショコラに豆乳クリームを添えて。
ココア色のショコラには真っ白のクリームの方が映えると思うのですが、
米飴やメープルシロップでカスタード色になっちゃうのですよね。
なので、まぁ気休めだけでも と真っ白なココナッツファインをふりかけてます。

実は、マクロビオティックのガトーショコラを作るのは初めて。
(というか、ふつー?のガトーショコラも作ったことないですが)
そんなにココア味に執着がないので、作ってみる気にならなかったんですよね。
で、手持ちのレシピを適当に変えて、豆腐、アーモンドプードル、くるみなどで作りました。
オイルは入ってませんが、ナッツがたっぷりなので、油脂分はむしろ多いハズ。
甘味は甘酒メインで、メープルシロップをちょっと足してみました。

…結果、かなりビターなお味に。
味の方向性も、口当たりも悪くないのですが、なんだか味気ない感じ…?
なので、クリームをたっぷり添えて頂きました。
無計画に・やっつけで・適当に作るのはやっぱりよくないなぁ、
年に一度のイベントだったんだしもうちょっと計画して気合入れればよかったなぁ…
と、思ったのですが。

今日になっておやつにガトーショコラだけを食べてみると、
なんだかしっとり感がアップ+甘さにも深みが出ていて、かなりおいしくなってました!
豆腐チーズケーキは寝かせるとますますおいしくなる、と聞いたことがありましたが、
ガトーショコラもそうなんですね~。
一応13日(前日)に作って寝かせたつもりだったのですが、2日目の方がおいしい。
じゃあ3日目はもっとおいしいのでは…!と期待してしまうところですが、
残念ながらあと一切れ(父親の分)しかないので、検証不可能。

次は豆腐チーズケーキを作って試してみたいなぁと思ってます。
一度だけ自分で作ってみたことはあるのですが、レシピどおりに作るとおいしいけれど
甘すぎて、それから作る気になれずにいたのですが…
なるべく自分に丁度いい甘さのレシピを模索してみたいなぁと思ってます。
なにせフードプロセッサーでがーっとやるだけなので、簡単なのですよねぇ。
ガトーショコラも台所に立ったついでに片手間で作ったものですし。
[PR]
by macrobi_pirico | 2008-02-15 18:58 | マクロビスイーツ♪
**  帰ってきてから。~おやつ篇~
先日の日曜日は、ながいわの郷ムスビで開講されている、岡部賢二先生の
「マクロビオティックインストラクター養成講座」に参加してきました。
これからひと月に一度、ながいわでお勉強します~。確か、10ヶ月くらい?
お話は陰陽五行が中心で、とても楽しいです。お昼とおやつが出るのも嬉しい♪
今回は春・肝臓のお話でした。またきちんと復習しないとなぁ…。

ながいわでは、ブログを読んでくださっている方が声を掛けてくださってびっくり。
ひたすら「恥ずかしいです」、とばっかり言ってました…うう、すみません。
でもとても嬉しかったです。ありがとうございました!

さてさて、KIJから帰ってきてからの体調なのですが。
体調は全般的に良好です。前とは違って、家にずーっといると身体を動かしたくなります。
(つまり前は結構家でぼーっとしているのが平気だったのですよ)
これはよい習慣がついたのかなぁ?起きて、簡単にストレッチをする習慣もついたし。

それから、なぜだかものすごーく食欲がありました…!
帰ってきた日はほどほどだったのに、次の日から異常な空腹感が続き。
ああたぶん3週間の反動だな、知らないうちに緊張とかもしてただろうしなぁと思い
やや諦めの境地で、食べたいものを食べたいだけ食べるようにしてました。
妙に抑え込むとストレスで長期化してしまうので、結局その方が近道なんです。
で、行く前は全く欲しくなかった粉モノ・甘いものなどにやたらと執着が出ていたので
結構お菓子ばっかり作ってました~。
でも腸は絶好調で、暴食した分頑張って出してくれるので助かりました。

案の定、今週の始め辺りから「もうなんか食べすぎもしんどいなぁ」という感覚が
戻ってきてくれたので、ここのところ少し落ち着いてきています。

で、今日は帰ってきてから作ったスイーツのご紹介です。

More
[PR]
by macrobi_pirico | 2008-02-13 23:04 | マクロビスイーツ♪
**  帰ってきてから。~ごはん篇~
a0098897_10292446.jpg
さて、今回はレポではなくおうちご飯のこと。
(画像は帰ってきた翌日に作った晩ご飯。豆腐・キャベツ・しめじ・大根の煮物、
にんじんとスナップえんどう+ピーナッツソース、オニオングラタンスープなどなど)

KIJで3食ご飯を食べながら体感したのは、
「我が家の食事のバランスとは結構違うなぁ…」ということでした。
具体的には、ごはんが我が家よりもうちょっとやわらかい。
父親がかためのご飯が好きなのでそれに合わせていたのですが、
かためのご飯はわたしにとってストレスになっていることに気がつきました。
で、その点は家族で話して、父親もこれなら大丈夫、というストレスのたまらない範囲で
もう少しやわらかめにしてみようか。ということになりました。
水分量だけでなく、圧をかける時間を少し増やしてます。
こうやって炊いてみると、「玄米ご飯って奥が深いなぁ」、と。
玄米を炊くなんてすっかり日常的になっていて、出来ているつもりになっていたのですが
頭だけでわかってるつもりになっていたんだなぁということをしみじみ実感しました。

それから、ミネラルのこと。
味付けだけではなく全体的にミネラル分が多すぎるかも?ということも。
それも家族によって個人差があって、例えば父親は男の人(陽性)だからミネラル分(陽性)
は少し強調した方がいい。
わたしはKIJの食事で肌の黄色っぽかった(陽性の傾向)のがちょっと取れたので、
どうやらもう少し少な目の方がいろいろとよいみたい。
ただわたしに合わせると、母親(肌は黄色くない)は少し不足気味で辛いみたい。
…そんなわけで、
・ 味付けのしっかりしたもの、味付けのマイルドなものを分けて作る
 → 個人によって食べる量を調節することで、体調に合わせていく
という方針がようやく出来上がりました。
また、塩でぎゅうぎゅう締める陽性さもやや控えてみることに。(場合によりけり、ですが)
とりあえずはこんな感じで試してみて、また何か変えたいところがあれば変えるつもりです。

ごはんのことも、味付けのことも、思ったよりも全然すんなり家族が受け入れてくれて
よかったなぁ…とほっとしてます。
ただ、「じゃあどんなバランスなのか、実際に1週間くらい作って食べさせてね」と
言われてしまいましたが。ま、当たり前かなぁ。
そんなわけで毎日というわけではないですが、ちょこちょこごはんを作ってます。

More
[PR]
by macrobi_pirico | 2008-02-09 10:45 | おうちご飯
**  KIJ report #2 ごはんのこと
a0098897_9253316.jpg
さて、今回はさくっと行きます。
みなさんお待ちかねの、「ごはん」について。(画像は、朝ごはんの様子)

このプログラムの最大の売りは、「3食ご飯つき」である、と断言してもいいでしょう。
自分で本を見ながらいろいろと作って食べる…ということはできても、
やっぱり自分ではなかなか味付けや火の通し具合などはわかりにくいもの。
お料理教室でもそういうことは少しずつ学べるけれど、家に帰るとわかんなくなったり…。
ちょうどいい塩加減が身体にいいとは知っていても、気がつくと習慣で濃くなってたり(T_T)
それから朝・昼・晩によって取り入れるエネルギーの違いなんかも、
ふだん家で一人でやるにはなかなか難しいことを、体感を通して学ぶことが出来るのです。

…そういう御託よりなにより、「ほんっとーにおいしい!」ってのが一番なのですが。(笑)
ごはんは毎日の娯楽であり楽しみで、毎日メニュー表を眺めながら
「次はなんだろ~♪」と楽しみにしていました。
(そう、最初に3週間分のメニュー表が配られるのです!)
それではほんの一部ですが、画像つきでご紹介をば。

More
[PR]
by macrobi_pirico | 2008-02-08 10:07 | KIJレポート
**  KIJ report #1
さて、ようやくKIJレポートを書き始めてみます!
何から書こうかな…と迷いながら写真を眺めているうちに、なんだか思い出に浸ってしまい
ぼんやりしてしまっていたのですが、忘れないうちにいろいろ書いておきたいなぁ。
自分なりの記録としてですが、いろんな方のご参考になれば嬉しいです。

まず、今回わたしが参加したのはKushi Institute of Japan(以下、KIJ)の
「マクロビオティックリーダーシッププログラム レベル1」。
20泊21日の滞在型プログラムで、講義・ボディーワーク・料理実習などを通して
マクロビオティックの基礎的な部分をじっくり学べるプログラムです。

ちなみにKIJは山梨県小淵沢の「ウェルネスガーデン」を活動の拠点としています。
ウェルネスガーデンは普段はカフェとして機能していて、今回のようなセミナーが
開催されているときはカフェを閉めて、セミナーハウスとして使用されているようです。
広くて快適なキッチンスタジオやセミナールームなどの施設があります。
それから、カフェエリアは食事&休憩のスペースとして使われてました。
詳しい設備や宿泊については、また今度。
今回はプログラムのメリットやデメリット、それから一日の流れについて書いてみます!

More
[PR]
by macrobi_pirico | 2008-02-05 23:56 | KIJレポート



CFSをきっかけに、マクロビオティックを始めました。こころとからだになみなみならぬ興味を持っています。by文(Aya)
**links**
フォロー中のブログ
ヒビノウタ☆
楽しむ空間「クラム」 趣...
DOWN TO EARTH 
日々の食べ物、からだの声
Favorite Days
かぞくdeマクロビ 
まあるい、毎日。
**FUWA*ふわ*FU...
素直にありのままに・・・
カテゴリ
全体
ごあいさつ・お知らせ
おうちご飯
マクロビスイーツ♪
マクロビあれこれ
酵母ちゃん
お料理教室
日々のこと
おそとご飯
病気、慢性疲労症候群のこと
ホメオパシー
からだやこころのあれこれ
KIJレポート
考えごと
raw + living food
低血糖症
以前の記事
2011年 06月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧