Top
**  <   2007年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧
**  久々のお泊りでした♪
昨日は、大学の友達の実家にお泊まりに行ってきました~。
高速バスで一時間半。
実家にお邪魔するのは初めてです。
張り切って、バナナケーキとクッキー2種類を焼いて行きました。
クッキーはチャヤさんのレシピのおからクッキー(サイトにアップしてます)と、
無印の有機ミューズリーを使ったオートミールクッキー。
安売りしてたのでつい買ってしまったのです。
バナナとかいちごなどのドライフルーツが入ってて、しかも全部有機なんですよ~。
お砂糖も入ってないし、オススメです。
あまったココナッツミルクを入れたらふんわりした甘さのクッキーになりました。
a0098897_21303758.jpg
お友達の実家、以前から一度行ってみたいなぁと思っていたのですが…
なかなか実行できずに居たのです。
気恥ずかしいなぁとかちょっと遠くて思い切りがつかないとかいろいろ理由はありましたが。

ひとつには、ごはんのことがありました。
何を出されてもおいしいと食べられればいいのですが、あんまり豪華すぎると
その夜におなかを壊したりするかも…と。
あああああ、めんどくさい身体だぁ~(T_T)
でもなんだか、食べておなか壊すのって、申し訳ないし…
だからといって野菜のお料理をリクエストするなんてお門違いだし…(偉そうだよね)
と、思っていて。
でも一度行ってみたかったので、ご迷惑を承知で押しかけてみました。

しかし、びっくりでした。
田舎の方でおじいちゃん・おばあちゃんが農家をされているおうちなのですが、
なんとまぁ、お母さんが野菜だけのごはんを用意してくださっていたのです…!
長い付き合いの友達で、マクロビをしてることもじゅーぶん知っていたので、
しっかりお話してくれていたみたいで、お砂糖も避けられてました。
しかも地元で採れたお野菜ばかり。どれもとっても美味しかったです。
大変だっただろうなぁ、と思うとほんとに感謝で頭が下がります。
精進料理の本が出てました。調べてくださったんだと思います。

3食頂いてきたのですが、どれも豪華でした。朝から呉汁が出てきて、しかも超おいしい。
お味噌も、近所のお味噌屋さんに材料を預けて作ってもらっているそうです。
つまり手作りのお味噌ですね。当然のようにそうしているところが素敵です。

おばあちゃんがもち米から作ったおかきが出てきたり、
息もつかせぬ間で、ありとあらゆる種類のフルーツが出てきたり(笑)
みなさん親切だし、ごはんはおいしいし。
ああこんな環境で育ったらこんないい子が育つのね…と思いました。
(なんでこんないい子がわたしの友達なのか、皆目見当がつきません)
(↑と、母もよく言ってます)

友達の家のかわいいわんこにもチーズをあげて餌付けをはかったり、
野菜畑が一面に広がる中をわんこと友達と散歩したり。
わんこ好き・田舎好きの自分には最高でしたとも。はい。
行ってよかったなぁ~と思いました。
という、今日はマクロビとはあんまり関係ないただの日記なんですけども。

有形・無形の色んなものを頂いたことに対する感謝を抱きつつ、
それを素直に受け取れた自分にも満足したいと思います。
ちゃんともらった分の好意をお返しできたかな?と心配しつつ…。
[PR]
by macrobi_pirico | 2007-08-30 21:38 | 日々のこと
**  ブックレビュ、更新。
昨日、今日とサイトのブックレビューを更新しています。
気がついたらまた間があいてました。
忙しくない身だし、一日一冊!とか出来るはずなのになぁ…。

今回はおかずのレシピ本1冊、スイーツ本2冊です。
おかずの方はアコルトの西野さんの「和のレシピ」。
とてもとても大好きなレシピ集です。
わたしの持っているレシピ本の中では、一番役に立つかもしれない…!

レシピ集のポイントって、とにかく「作れる」ことですよね。
すっごーく美味しそうで、とっても手の込んだお料理も時には必要ですが。
そういうレシピ集はじーっと眺めてはおいしそうな妄想に浸れます。

でもやっぱり日常的に「ささっ」と作れて、おいしくて、ほっとできて、
なおかつ自分では思いつかないような新鮮さを備えたレシピがいちばん。
…難しいですよね。でも、和のレシピにはそういうのが集まっていると思います。
作れるし、おいしいし。アレンジもきいて使いやすい!

スイーツの方は、パトリシオさんの「あまくておいしい!砂糖を使わないお菓子」。
わたしにとってはかなり「眺める専用」です。
今見ると、甘味料も多いけど油も多いなーって思います。
…が、それでもその分美味しいレシピだからそれはそれでオッケイ。
これをもっともっと活用できるようになるのが憧れ。

それから、米粉のおやつの本。
わたしが米粉おやつに目覚めた本です。
米粉ってほんわかして優しい味で、ほんとにしあわせ~な感じ。
で、やっぱり作るのはとっても簡単です。
お米のやさしいほんわかした甘さが楽しめるケーキやパンが作れますよ~。
お米の味って、意外なほどメープルシロップにあうんですよね。不思議。

ああ、米粉のお菓子が食べたくなってきてしまいました。
でもここのところ膀胱の調子が良くないので、甘いものは控えめにしときます。
フルーツはメープルなんかよりも、腎・膀胱系に負担がかかりやすい気がするなぁ。
[PR]
by macrobi_pirico | 2007-08-28 23:13 | ごあいさつ・お知らせ
**  またしてもプレゼント
お世話になった方のための誕生日プレゼントに、ケーキとクッキーを焼きました。
a0098897_073551.jpg
わたしは口下手だし、感謝の気持ちを伝えるにはこれしかないなぁ、という感じで。
母と会員になっているNPO関係の方なのですが、ふんわりしたとても素敵な人。
ときどきお菓子を焼いていくと、娘さんが「おいしいです、ありがとうございます~」
と必ずいつも、笑顔で言ってくださるのです。とっても嬉しいです。

だからなるべく美味しいものを!と思っても、わたしの技術はたかが知れてるし。
なので美味しい材料、美味しいレシピに頼ります(笑)
今回はアリサンのオーガニックドライフルーツ&ナッツミックスを買ってきました。
これを一袋まるごと入れて、アーモンドプードルを入れたパウンドにしました。
レシピは、月森紀子さんの「玄米菜食」に載っているものです。

クッキーの方は紅茶のサブレです。
焼き上がりのさくさく感は絶品…
だったのに、日向に置いていたらふにゃっとしてました(T_T)

どちらもメープルシロップたっぷりの贅沢レシピ。
やっぱりお祝いの席なので、しっかり甘い方がいいのかなぁ、と思ったのです。
でも甘すぎたかなぁ。マクロビではないけど、しっかりした食事をされてる方だし。
甘さの調節はいつもすごく難しいです。
a0098897_0173252.jpg
お祝いの会でお料理が出る…とのことだったので、ついでにつまんでいただこうかなぁと思って、同じものを持って行きました。

出されたお料理はどれも絶品!のものばかり。
なかでも箱崎公会堂さんのお料理がとっても美味しかったです。
薄味なのに、うまみがたっぷり。もちきびポテトが余りにおいしく、食べ過ぎました…。
完全マクロビではないけれど、ほとんどマクロビ…な料理ばかり。
こんなにいいお店が大学の近くにあると、もっと早くに知ってればなぁ~。

あったかいお誕生日パーティーでした。
みんなからあんなふうに還暦をお祝いしてもらえるのは、素敵なことだなぁと思います。
わたしもあと40年弱かけて、素敵になりたいものです。
[PR]
by macrobi_pirico | 2007-08-25 00:27 | マクロビスイーツ♪
**  靴下が届きました♪
a0098897_2254259.jpg靴下を買いました。

先日から大プッシュしている、
冷えとり用の靴下。
冷えとり用…といっても、
要するに「天然素材」の靴下
なのですが、これがなかなか
売っていないんですよね。
綿100%さえなかなか
見つからないのに、
絹となると…。
こういう時こそ、ネットの出番?
と思い立って、探してみると。

いいお店を発見できました。
シルクふぁみりぃというお店。
わたしが見た中では、素材も
値段もいちばんいい感じ。
脈絡なくペットのうさぎの写真が出てくるところも楽しいです(笑)

左から、
シルクコットン五本指ソックス(580円)、
シルクコットンソックス(先丸)(650円)、
シルクコットンリブ編みハイソックス(960円)。
シルクとコットンの混紡…というわけではなく、
内側はシルク、外側はコットンになってます。
冷えとり健康法ではシルクとコットンの靴下を交互に重ねて履くので、
一枚で重ね履き効果があるみたいですね~。
ちなみにシルクは毒を吸い出してくれる効果が強く、
コットンは丈夫で吸収力があるので、交互に履くのだそうです。

しかもコットンは、生成りのままのオーガニックコットン。
黒のハイソックスだけは軸糸として化繊が入ってるようですが、
肌には直接触れないようになっているみたいです。

どれも今まで履いていたものよりも履きやすくて、肌触りもいいのです。
お値段も今までのものより安かったし…(送料も280円と、結構お安いです)
探して見るとけっこういいものがあるものですね。

靴下って3足1000円で買えちゃうけど、どれも化繊のものばかり。
天然素材の靴下を履くと、そのあったかさと気持ちよさに驚きます。
すごーく汗を吸ってくれるから、夏でも快適。薄くてもぽかぽか。
伸びが良くて締め付けないから、足もラクだし。

先日帰省したときにおばあちゃんが「暑いのに下半身が冷えて…」と辛がっていたので、
敬老の日のプレゼントにこの重ね履き用の靴下を贈ることにしました。
4枚セットで、一番外側がウールの靴下のセットです。
冷えとり健康法うんぬんはともかくとして、
あったかくて素材の良い靴下があると嬉しいかな?と思ったので。
これにお手紙と、焼き菓子を添えて送ろうかなと思ってます。
帰省でお小遣いをたくさんもらったので、結局はおばあちゃんのお金なんですが(汗)
絹のスパッツなんかもすごくあたたかいみたいなので、もし気に入ってもらえたら、
そっちもまたプレゼントしたいなぁと思ってます。

敬老の日は年によって、豪華だったり質素だったり…
わたしの経済状況がモロに反映されてます。
お手紙と、おばあちゃんの好きな「冬ソナ」のサントラをテープに録音したのを
贈った年もあったなぁ…。
かかったお金はレンタル代と送料のみ。
でもあれは、レンタルするのがものすごく恥ずかしかったです。
おばあちゃんが意外なくらい喜んでくれていたのでよかったですけど。
ちなみに、去年は冬ソナのカレンダーでした(笑)

それにしても、3足1000円以外の靴下を、しかも部屋履き用に買うなんて、
昔のわたしだと考えられないことです(笑)
食べるものを変えてから、段々とお金の使い方も変わってきてます。
前は「値段」が結構重要なポジションだったけど、
今は「自分がここちよいかどうか?」を大事にするようになってます。
前の方が今より使えるお金は多かったのになぁ…。
すぐにあれこれ欲しがって買う割に、毎回あとから「要らなかったかな」…となる
自分の浪費癖はコンプレックスだったし、治りっこない!と思ってたので、
ちょっとほっとしてます。
めんどくさがり・いい加減で素敵なマクロビアン☆からは程遠いわたしですが、
ゴミ溜めで暮らしながら家事も出来ず、浪費家で忘れ物と遅刻が常につきまとっていた
昔の自分からは、隔世の感が…
ちなみにめんどくさがりの方は、10年くらいかけて地道になおしていこうと思ってます…。
[PR]
by macrobi_pirico | 2007-08-23 23:23 | 日々のこと
**  プレゼントするってこと
最近サイトを見てくれて、マクロビに興味を持ってくれたお友達がいて、
遊ぶときは一緒にマクロビごはんを食べに行ったりしてます。
(そういえばいっつもレポしようと思うのに、お喋りに興じて写真を撮り忘れる…)
うーん、いいなぁこういうの。
やっぱり同世代で身近にマクロビやってる子はいないし。
自然食やマクロビごはんに遠慮なしにつきあってもらえる友達もいるけれど、
自分のやってることに興味を持ってもらえるのは、嬉しいものですね。
a0098897_10411290.jpg
で、これはこないだ遊ぶときにプレゼントした胡麻サブレです。
パトリシオさんのレシピの、葛粉をたっぷり使ったさくさくのサブレ。
黒胡麻と、しょうが汁が入ってます。
わたし好みだけど、今思えばもっと色気のあるクッキーにしとけば良かったなぁと…。
しかもちょっと固くなっちゃったし。うう。
でもおいしかった!って言ってくれて嬉しかったです。

これは、昨日の高校の友達との飲み会でプレゼントしたもの。
a0098897_10341039.jpg
ココナッツのクッキーと、ココアとアーモンドのクッキー。
何度か作っているココナッツクッキーの試作を兼ねてと、昔バレンタインに友達用に作ったココアクッキーを久々に作ってみました。

…これもね、わたしは好きだけど、手放しにおいしい!って感じのものではないと思います。
ココアはちょっとビターすぎたかも、って思いました。
わたしで「程よい甘さ」と感じるくらいだったので。
ココナッツも、中途半端だな~。って感じ。
しかも今日一日経ったのを食べてみたら、さくさく感がなくなって「ふにゃっ」としてるし。
あわわわわ、こんなの友達にあげるなんてそれでいいのか、わたし。

…と、スイーツを作るたびに毎回反省ばっかりしてます。
でもわたしは、機会があるごとについついお菓子を作ってしまう。
反省するくらいならやらなきゃいーのに!って感じですよねぇ…。

何でだろう?と考えてみると…
結局わたしは、「お菓子を作りたいだけ」なのかもしれません。(笑)

プレゼントして喜んでもらいたい…という気持ちよりは、
お菓子を作って楽しみたい、という気持ちのほうがずっと強い。
もちろん、結果として喜んでもらえたらすごーく嬉しいけれども。
結局「人にあげる」っていう名目があって、堂々と作れるのが嬉しいみたい。
あれこれと工夫して作ってみるのも楽しいし。
そのあとちまちまとラッピングしたりするのも好きだし。

マクロビお菓子作りを始めた頃からプレゼントするのは好きだったんですが、
当初はどっちかって言うとお菓子を作れる自分が嬉しくて、
それを人にアピールしたかっただけのような気がします。
まぁつまり、「おいしいね、すごいね」って言ってほしかったんですね。
は、恥ずかし…。まぁ誉められたがりなのは、昔からです。

でも実際、自分が望んでた通りに「おいしいね!」って言ってもらえることは少なくて。
言ってくれてもなんだか淡白な感じ。「へぇ…」みたいな。
そりゃー、単にわたしの技術不足が原因なのですが。
変にストイックなお菓子をプレゼントしてたこともあったし、今思えばとてもとても赤面モノ。
でもね、当時は「物足りない~」って思ってたんです。

それから、誰かを誉めることってムズカシイなぁと思いました。
思えばわたし、貰ったものに対して誰かにちゃんとフィードバックしてたかな?と。
そー言えば「ありがとう」って言うのはともかく、喜んだりするの、苦手だなぁ…
それなのに、人から欲しがってばっかりだったなぁ…と、そんな自分にも気がつきました。

自分のために「おいしい」の言葉を強要するのって、やっぱりなにか違いますよね。
わたしの中にまだまだたっぷり潜んでいる「自己中なこころ」を、
またいっこ引っ張り出せた気がしました。

結局のところわたしがプレゼントしたいのは、お菓子だけではなく
相手を思った 「時間」 なのかな、と思います。
喜んでもらえるかどうかはわからない。自分が楽しいから作る。
それでもし喜んでもらえれば嬉しいけど、それは結果であって、
結局はプレゼントというのは、わたしの「好意」のあらわれなのです。
だから、もらったものがおいしいと思えなくても、「頑張ったんだな」と思ってくれたり、
もらってくれた時点で、そしてそのあとそれを口にしてくれた時点で、
わたしはもういろいろなものを受け取ってもらってるんですよね。

そんなわけで、わたしはこれからも押し付け魔人として活躍いたします。
結局は気持ちの問題なのですねぇ。
…とは言え、いつか、「もっとくれ!」って言われるお菓子を作れるといいよね。
やっぱ「おいしい」って喜んでもらえた方がいいもの。
a0098897_1122017.jpg

[PR]
by macrobi_pirico | 2007-08-22 11:22 | マクロビスイーツ♪
**  頭蓋仙骨療法・ご報告
以前、「お試しでちょこっと頭蓋仙骨療法を受けてびっくりした」という記事を書きました。
→7月10日の記事です
あれから二度ほど施術していただいたので、そのご報告を。

頭蓋仙骨療法って…うーん、説明してもらっただけのあやしげな理解なのですが、
「硬膜のねじれをとる」治療である、と聞きました。
硬膜とは、脳と脊髄を覆う膜のひとつのこと。だそうです。
とても丈夫な膜なのですが、これは身体の内側で全身をカバーしているとか。
で、身体の使い方や習慣、ストレスなんかでそれがねじれてしまうことがある。
そうなると硬膜は筋肉や内臓、もちろん脳にも接しているので、
それが原因で不調が引き起こされることも。
(ちなみに、頭蓋仙骨療法の参考リンクはこちら

骨格の歪みなんかも調整できるそうなので、とりあえず試しに受けてみよう…
となったのが、前回までの経緯でした。
ちょっと長くなりそうなので、追記扱いにします。

More
[PR]
by macrobi_pirico | 2007-08-21 14:57 | 病気、慢性疲労症候群のこと
**  旅行中のごはん
今回は帰省→そのまま山陰へ観光、ログハウスでのんびり…というプランでした。
車での移動がきつかったですが、自然がいっぱいで満足でした。
山陰地方の山の豊かさに驚きました。
福岡市内に戻ってくると、なんともごみごみとした感じが…。
どうしてこんなに緑が少ないんだろう、と驚きました。なんとも言えない閉塞感。
まぁ、一週間もしないうちに慣れるんでしょうけど。

帰省中の食事は、特にハメを外すこともなく。
普段よりちょっとフルーツが多かったかな?野菜が足りなかったかも?という程度。
ご馳走としてお魚が出されましたが、穴子をほんの一口だけ頂きました。
昔っから焼き魚以外の海鮮がダメで、毎回必ず残していたくらいなので(おそろしく偏食だったのです)美味しいけど、味が濃い?強い?感じで、いっぱいは要らないなぁ、という感じ。
舌に刺激的過ぎて、たくさん食べるのはちょっと疲れそうかなーと思います。

ちなみにわたし以外の家族は、美味しそうにどんどん食べてました。
旅行だしね、せっかくのもてなしだしね。
わたしは元々グルメなものがあまり好きではないので(ジャンクフード中毒でしたが…)
「これがどーしても食べたい」と思うようなご馳走がなくて、ちょっとラッキーなのかも…
と、お魚やらバターやらコーヒーやら、色んなものを食べたがる家族を見てると思います。

基本的に、食事は自炊でした。
おばあちゃんちでも、ログハウスでも。
時々お昼は外食になることも。讃岐うどんとか、お蕎麦とか。

自炊の中で美味しかったのは、母親が作ってくれたちらし寿司かなぁ。
オーサワの「ちらし寿司のもと」を持っていき、珍しく白米で作ったのですが、さらに梅酢を加えたところ、なんとも言えないくらい美味しいお寿司になりました。
(いつもは料理教室でも教えている、玄米ちらし寿司なのです)
わたし以外のみなさまは、そこに穴子と玉子焼きものっけてました。豪華です~。

あと、ログハウスの最後の夜にした「ラーメン鍋」!(笑)
キャベツとかもやしとかニラとか、とにかく野菜をふんだんに入れて、きのこもたっぷり。
それを土鍋でぐつぐつ煮て、オーサワの「ヘルシーラーメン」(動物性不使用、砂糖不使用、無かんすいでノンフライ麺のインスタントラーメン)のつゆをベースに味をとって、雑穀米のおにぎりと食べました。
野菜が減ってきたら麺を入れて、最後はラーメンです。
ちょっとジャンクな感じなのですが、キャベツがたっぷり食べられて嬉しかったです。
やっぱり野菜がないと、身体の座りが良くない感じがします。
あと、屋外のテラスで食べたのもやっぱり美味しさ倍増。
デザートはスイカをかじりました。

フライパンで焼く天然酵母パンもおいしかったな~。朝から母が焼いてくれました。
カレー(ベジ・インスタント)の時のつけあわせの、近くの販売所で買った地元の「新じゃが」も、こふきいもにしただけなのに、あまりにも美味しくてびっくりしました。
あんなにじゃがいもを食べたのは何年ぶりだろう、ってくらい食べました。
(じゃがいもは極陰性(身体を緩める)な食べもののため、マクロビでは常食を控えます。
  …が、現代人は過剰に陽性摂取をしてる場合もあり、食べた方がいい場合もあるとか)

気がつけば、食べもののことばっかり書いてる!自分でびっくり。(笑)

我が家の旅行は、ものすごーくふんだんに食材を持っていきます。
マクロビをしてるから仕方ない面もありますが(?)。
こだわり…という程でもないけど、体調のことを考えると、気軽に外食が出来ない。
なにより美味しくないもの続きだとストレスがたまってしまう!
外で食べても、むやみに豪華なだけでおいしくないなぁと思ったりするごはんが多かったり。
要するに、単に食いしん坊なだけなんですね~。

おかげで荷物が重い。食材が余ったりする。オクラなんか、持っていったのにそのまま持ち帰ってきて、結局帰ってきた翌日に食べましたからね。
ちなみに、オーガニックのお野菜って不思議なことに、すごく長持ちするんです。
きっちり保冷していたこともあるけど、元気なままでおいしく頂きました。

しかもせっかくの旅行だったのに、思い出が食べもののことばっかり!(笑)
「美味しいものを食べて幸せ、それが一番!」と母。
うーん、まぁ、言われてみればそうかもね。と、ちょっと脱力。

旅行中の自炊はちょっと大変だけど、自炊のほうが美味しいし…
というわけで、インスタントを活用しつつ毎回おいしいものを楽しんでいる我が家なのです。
[PR]
by macrobi_pirico | 2007-08-20 20:21
**  帰省してきます
明日から、母方の祖母の家へ帰省してきます。
戻ってくるのは18日…かな?
頭蓋仙骨療法のこととか、岡部先生の講座を受けてきたこととか、書きたいことはいろいろあったはずなのに、気がつくとどれも書けてないですね(笑)。
別に忙しいわけでもないのにねぇ。もっと時間を有効に使わなければ…。
でも、パソコン周りが暑いんです(T_T)。

帰省中の食事はどうするのか?というと、
「 八 割 が た マ ク ロ ビ」、です。

結構な距離を隔てて暮らしていることもあり、マクロビを始めた当初は特に祖父母に食事のことを知らせることもなかったのですが、病気が良くなってから母が
「実はぴりこがこういう病気で、それでこういう食事をして今は治ったんだけど…」
と打ち明けました。
父方、母方とも「へぇ、そうなんだ!治ったなら良かった」という感じ。

母方の祖母の方は、母親が強力にすすめたのもあり(笑)玄米を食べるようになってます。
だから玄米食べられるし、食事は自分たちで作るから、なんでも好きなもの作れるし。
(ただし、食材は結構あれこれ持って行きます。お野菜は現地調達ですが)
おばあちゃんも特に問題なく付き合ってくれるし。
でもまぁたまの帰省ということで、お魚が並んだりもします。(その辺が、『八割がた』。)
わたしは元々海産物が嫌いなので食べないのですが。

去年はわたしが初めてごはんを作ってあげたんですよ~。
確かなす味噌を作ってあげたような気が。喜んでたけど、わたしが火を使うことをすごく怖がってました。
そうだよね、今まで料理なんてぜんっぜんしたとこ見たことなかったもんね、怖いよね。
と、ちょっと反省。
おいしい、おいしいって喜んで食べてくれました。
朝お味噌汁を作っても誉めてくれちゃう。…おばあちゃんっていいなぁ(笑)

久々に自然いっぱいのところに行ってくるので、ちょっと楽しみです。
パソコンもないところでリフレッシュしてこれるといいな~。
さ、荷造りがんばろう♪
[PR]
by macrobi_pirico | 2007-08-12 21:48 | 日々のこと
**  ブックレビュ、追加してます
サイトのブックレビュー、更新しています。

今回はデコさんのおやつ本一冊と、冷えとり健康法の本。
デコさんの本はあまりに有名なのでまぁわたしが紹介する必要もない気はしたのですが、
飽くまで「まだマクロビを始めてない人向け」ということで…。
でもレビューのために読み返していると、新たな発見があったりして。
これ、自分のためになります。かなり。

もう一冊の冷えとり健康法の方こそ見ていただきたい…!
「冷え性」ってかなり多いですよね。特に女性に。
冷え性、という自覚がなくてむしろ足が熱い!というひとも実は「冷えている」とか…。
「大変だわ~」なんて結構軽く考えがちなのですが、これを治すだけで相当
体の調子が変わってきたりするんだ…!ということがわかってきました。
肩こりとか頭痛はもちろん、本の中では癌やアトピーなんかも扱われてます。

何より、初期投資(靴下代)以外は無料で、履いてるだけってのがいいです!
すすめられている靴下は、毒を吸い出す能力の高い天然素材のもの(絹と綿の重ね履き)
なので、やっぱり新たに購入する必要があるかとは思いますが。
履いてるだけなら、面倒くさがりなわたしにも出来ます。
絹の靴下もがんがん洗濯機で洗っちゃってますし(なんていい加減な)。

しかも足元ぽかぽかだと、ほんとに気持ちいいんですよ。
連日の猛暑日ですが、靴下は平気に履けます。ほわ~っと足元が気持ちいいです。
お陰で足がまんまるで、宅急便なんかの不意の来客の応対には困りますが。

図書館などで探してみて、一度目を通してみてくださいね。
痩せるとか、むくみが取れたりとかのうれしい効果も報告されていますから(笑)。
あ、あと「不思議と食べ過ぎなくなった」という声も多いみたいです!
わたしも、靴下を履き始めてからはなんだか食欲が落ち着いたというか…
腹八分辺りで満足できるようになってきた感じがします。
これが一体いつまで続くのか、疑ってるんですけどね。
[PR]
by macrobi_pirico | 2007-08-10 23:37 | ごあいさつ・お知らせ
**  皮つきぶどうのタルト
a0098897_1834054.jpg
母方の親戚から巨峰が届きました。
なんと4房も。すっごく嬉しいけど、我が家では食べきれないかも…?
生だとたくさんは食べられないし、身体を冷やしすぎてしまうので、スイーツに使うことに。
マクロビでは、フルーツはちょっと火を通して食べることをオススメします。りんごでも、塩ひとつまみと蒸し煮にしたり。そのままだと少し陰性さが強すぎるので。
わたしも今はちょっと火を通した方がマイルドで食べやすくて好きです。
もちろん、スイカとかはそのまま食べますけどね。でも塩をほんのちょっとふります。
「スイカに塩」っておばあちゃん世代がよく言ってましたが、あれは甘味を引き立てるだけでなく、身体を冷やし過ぎないように…という昔ながらの知恵だったのかもしれないですね。
マクロビを知ってから、昔の人の知恵ってすごい!と思うことが多くなりました。

…話がそれました。
で、巨峰を早速タルトにしてみました~。サイトにも載せてます♪
全粒粉入りで甘みのないタルト台に、レシピ本からヒントを得た、アーモンドプードルとコーンミール、甘酒を使ったフィリングを流して、巨峰を並べて焼きました。ちょっとダークチェリータルトみたいな見た目です。
フォークとスプーンは、あまったタルト生地を型抜きしたものです。

水分が少なめのきゅっとしまったいい巨峰で、甘酸っぱくておいしかったです♪
ただ、主張が強すぎてフィリングの優しい甘さがあんまり生きなかったのが残念。
ちょっとぶどうが多かったのかもしれません…景気よく入れすぎました(笑)
それにしても一房まるまる使ったタルトなんて、ものすごく豪華です…!

しかし、ぶどうは結構陰性が強いのですね。
食べた後はアタマがふら~っとしました。でもおいしかったです。

ぶどうスイーツ、また挑戦してみたいな~。
フィリングも改良して、また別のタルトも作ってみたいです。
それにしてもなぜか最近、タルトばっかり作ってるなぁ…。
[PR]
by macrobi_pirico | 2007-08-08 18:19 | マクロビスイーツ♪



CFSをきっかけに、マクロビオティックを始めました。こころとからだになみなみならぬ興味を持っています。by文(Aya)
**links**
フォロー中のブログ
ヒビノウタ☆
楽しむ空間「クラム」 趣...
DOWN TO EARTH 
日々の食べ物、からだの声
Favorite Days
かぞくdeマクロビ 
まあるい、毎日。
**FUWA*ふわ*FU...
素直にありのままに・・・
カテゴリ
全体
ごあいさつ・お知らせ
おうちご飯
マクロビスイーツ♪
マクロビあれこれ
酵母ちゃん
お料理教室
日々のこと
おそとご飯
病気、慢性疲労症候群のこと
ホメオパシー
からだやこころのあれこれ
KIJレポート
考えごと
raw + living food
低血糖症
以前の記事
2011年 06月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧