Top
**  <   2007年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧
**  フロランタンもどき。
今日は我が家の料理教室をちょっと手伝いました。
調理自体はごぼうのささがきをひたすら頑張ったくらいですが…。
朝起きたときは「あんまり体調が良くないかな~」と思ってたんですが、
ごぼうを一生懸命ささがきしてるときは不思議なくらいすっきりしてました。
やっぱり何かしら動かないとダメですね…。

午後から母親がとある集まりに出席するというので、クッキーを焼きました。

a0098897_23514313.jpgココナッツのクッキー(右)と、フロランタンもどき。

フロランタンは「石畳」の意味…とどこかで聞いたような気がするのですが。昔からお菓子やさんなどでよく見かけていて、大して食べたこともないのになぜかわたしの中では「憧れの焼き菓子」だったのです。
なんだか名前が素敵だし。

マクロビでも作れないかな~と思い、挑戦してみました。

アーモンドプードルをたっぷり入れた土台(カランツ入り)をまず下焼きして、
以前作った「オートミールとアーモンドスライスのチュイール」を上に広げて更に焼く。
それだけなんですが、なんだかアーモンドスライスが張り付いてるとすごく豪華な気が。

a0098897_23545010.jpg



焼きたての熱いうちはまだふにゃふにゃ。
冷めないうちに、包丁でざくざくっと切ってしまいます。
更に上から何かグレーズっぽいものを塗った方がそれっぽかったのかもしれないな~。
次はジャムソースとかぬってみようかなぁ。きれいかも。
タルトの上部の飾りつけとかにも応用できそうですよね。手の込んだ感じになりそう。




因みにお味は…「うへぇ、甘い…」という感じでした(笑)
だって、メープルシロップたっぷりですからねぇ。
「誰かにあげる」という名目がないと、なかなか作る気になれません…。
また今度、バリエーションを変えてフロランタンを作ってみたいな~。

父親が出張でデジカメを持っていってしまったので、今回は携帯の写真です。
[PR]
by macrobi_pirico | 2007-07-31 23:49 | マクロビスイーツ♪
**  ブックレビュ。
サイトのほうに、新しく“book review”を作りました。

マクロビを実践してらっしゃる方から見れば、目新しい本はないと思います。
ただ、もしもこのサイトを見て「マクロビってどうやって始めれば…?」と思った方がいれば、
少しでも参考になるといいなぁと思って作ってみました。
やっぱり本を読んでみることで、断然知識量なんかも違ってきますし!

まだまだ数は少ないです。
が、うちにある膨大な量の本の中から、これはいいな~と思うものを
ちょっとずつ紹介していくつもりです。
まだまだ候補は控えています。
上にも書いたように、たぶん目新しい本はないと思うのですが。

マクロビ以外の本もご紹介していけたらいいな~と思います。
[PR]
by macrobi_pirico | 2007-07-30 23:58 | ごあいさつ・お知らせ
**  remon cream tarte with coconuts♪
a0098897_18592299.jpg
写真、ボケてます……

「甘くておいしい!砂糖を使わないケーキと焼き菓子」から、
ココナッツのレモンクリームタルトを作ってみました。
サイトの方に書いたのですが、以前チャレンジしたときはもうそれはひどい結果に…(T_T)
ここ最近お菓子作りであそこまで失敗したことがなかったので、ちょっとびびりました。
全然ムズカシイお菓子ではないんですが。
で、今回はかなり分量を変えて(というか適当に、感覚で)作りました。

身体が良くなってくると自然とお料理も上手になってくる。
…というのがマクロビのすごいところなんですが、確かに段々失敗は減ってきてます。
慣れてきた、という以上に「なぜか失敗しなくなってきた」って感じになります。
でもやっぱり失敗もします。しょっちゅうします。
雑だったり、余裕がなかったりすると大抵失敗しちゃいますね。
まぁ人間ですし、ただでさえ不器用ですし。

このタルト、やっぱりしっかり冷やしてからがおいしいです。
豆乳と寒天と葛で、濃厚さもばっちり。クリーミーです。
ココナッツファイン、今年ははまっていてもう2袋めだったりして…。
クッキーに入れても美味しいし、今回みたいにデコレーションするのもかわいいですね。

それなりにお菓子っぽい体裁に整ったときは、父親に食べてもらうのが楽しみだったり。
ちょっとでもきれいに作ってると、「おお、すごい。きれいに作ったな~」と言ってくれるので。
わたし、デコレーションがほんとに下手くそなので、「この程度で褒めるのかぁ」と思いつつ、
褒めてもらうのがうれしいので(笑)嬉々としてお出しします。(たんぽぽコーヒー付で♪)

今、お菓子ばっかりじゃなくてご飯も作ってよ!って母親に怒られてきました……。
まぁ気持ちはわかる。(←反省しろよ)
こう暑いとごはんを食べたくないし、食べたくないので作りたくないんですよね…
でも母親は作ってる。えらいなぁ。今日、忙しかったのにな。
今日もきっと、おいしいご飯が食べられることでしょう。
食欲はないけど、感謝していただきます。
(この記事はタルトのお陰で陰性になりすぎた、ぼんやりした頭で書きました。
 梅醤番茶がおいしいです……。)
[PR]
by macrobi_pirico | 2007-07-27 19:23 | マクロビスイーツ♪
**  ある日の晩ご飯。
cafe&sweets、vol.77の特集。ご覧になりました?
「オーガニックカフェに聞く雑穀&野菜のカフェメニュー」なのです。
そして企画のトップがあのorganic baseのbase cafe!
他にも色々なカフェが載っていて、お料理の紹介にはレシピまでついているのです。
(分量なんかは載っていないけど、作り方や材料はきっちり載ってます!)
こんな風に工夫できるんだ~、と目からウロコのレシピがいっぱい。
面白くて何度も何度も読み返しています。
わたしは普通の(お砂糖、卵たっぷりの)スイーツのページも気になる…♪
(これ、こんな風に作れるかも!って想像が広がって、見てるだけで楽しいです~)

で、base cafeのメニューで一番気になったもの、作ってみました。
a0098897_2223424.jpg

ひよこ豆のコロッケ!
レシピによると、昆布と煮て潰したひよこ豆に、醤油と梅酢で味付けする。
みじん切りにした玉ねぎと人参に塩をして、しぼって↑に加えて、コロッケにする…と。
ひよこ豆の水煮缶があったので、お手軽に作ってみました。
ちなみに、揚げるのではなく多めの油で揚げ焼きにしています。

玉ねぎを炒めないからか、とっても簡単。ちょっとしゃきしゃきした野菜の歯ごたえが
なかなかいい感じです。
ほくほくしていてとってもおいしいですっ。
味付けは、最初「梅酢?」と思ったけど、ひよこ豆のもったり感がなくなっていい感じ。
分厚めにまるく形作ったので、かなりのボリュームで一つしか食べられませんでしたが。
ただ、水煮缶独特の味が少し残ってしまった…。やっぱり手抜きは手抜きですね。

organic baseのレシピは、「定番なんだけど美味しい」って感じがします。
なんだろう、ベストの組み合わせをさりげなく持ってきた…という感じ。
ベストなんだけど、自分ではなかなか気がつけないような。
「そういえば、この組み合わせが素敵かも」ってハッとさせてくれる感じです。
a0098897_22281191.jpg
この日の晩ご飯は、コロッケ&糠漬け、玄米ごはん、オクラと山芋の梅和え、
インゲンとわかめのスープ(コロッケで余ったみじん切り野菜入り…笑)、
ひじきサラダ(我が家の料理教室の残り物)。
時間がなかったのでぱぱっと作って、頂きました。
コロッケは今度は豆から煮て作りたいな!
[PR]
by macrobi_pirico | 2007-07-22 22:33 | おうちご飯
**  ある日のばんごはん。
a0098897_22251873.jpg玄米ごはん
小松菜とわかめのみそ汁
ナスと舞茸と生姜の味噌炒め
きゅうりとシソの梅和え
夏向きのボイル野菜の胡麻醤油和え(玉ねぎ、コーン、人参、きゅうり、いんげん)




久々にフルで晩ご飯を作りました。
相変わらずさっぱりめ…というか、メインのない食卓です。
西野さんの「和のレシピ」で覚えたナス味噌炒め、毎年夏が来ると食べまくります。
簡単なのにおいしくてすごい。ごはんにあいます。
新生姜があったので、千切りして舞茸も一緒に炒めました。
なんでも一緒にがーっと炒めて美味しくなるところが、また良し!ですよね。
生姜と味噌と醤油でちょっとこってり系。

野菜はちょっと味が足りない、とか
きゅうりは塩気がちょっと多い、とか
みそ汁は濃すぎない?とか
いろいろ細かく言われました…(主に母親に)
あーでも確かに、味付けがぴしっと決まらなくなってる気がする!
ちょっと濃かったり、ちょっと薄かったり。
やっぱりこういうのは毎日の慣れですよね。
ちなみに「ごはんの炊け具合がいいね!」と誉められましたが…
うう。まぁごはんって大事だけど。

でもまぁ、食べられないものを作る…ということは、さすがになくなってます。
これだけでも二年前と比べればすごい進歩!うん。

でも、丁寧に野菜を洗ったり、「ちょっとごめんね~」と思いながら野菜をそっと切ったり、
そういういちいち「丁寧に」何かをするのって、癒されますよね。
最近そういう「丁寧さ」と向き合うのがちょっと面倒くさくて、ついついがさつになりがち。
でも、なるべくきちんとご飯を作ってると、なんだかいつもとは違う部分の
脳みそを使ってる感じでちょっと気持ちいいです。
でもわたしはまだまだ煩悩が多すぎて、気がつくとぼーっとしながら作っている…。
もっとこう、すっと自然な感じで料理に向き合って、
力みすぎてないけどきちんと集中してる、という状況になれたらいいな。
と、最近思います。

パトリシオ先生の料理する姿は芸術的だそうですね。
一度生で見てみたいな~。
[PR]
by macrobi_pirico | 2007-07-18 22:38 | おうちご飯
**  オススメですよ。冷え取り健康法。
今日はちょっと面白げな健康法をお知らせします。

「冷え取り健康法」。
母が突然このような本を買ってきたのです。
なにやらこの本を書いたお医者さんは、「冷え取り健康法を患者さんにさせたら、みんなが健康になってしまい結局病院を閉めてしまった」というスゴイ人。
なにそれ?と思いながら読んでみました。

○直立している人間は、足元が冷えている。
 ↓
○それでも冷えを感じず、むしろほてって感じたりするのは、身体が「冷えている」証拠。

…つまり、冷えているから発熱させようとして身体が頑張っている状態なのだそうです。

そこで、足が冷えないように生活すると…
頭の方にある「陽」の気が温かくなった足元に下りてきて、
足の方にある「陰」の気が頭の方にのぼっていくようになる。
そのように陰陽の気が循環してバランスが取れているのが、健康な状態なのだとか。

ん…陰陽?
そう、マクロビっぽいですよね。すごく。
陽性は下降、陰性は上昇。マクロビだなぁ…と思っていると、

なんと桜沢先生の名前が出てきます(笑)

「食べものによって冷えていることもあるので、食べものも注意せねばいけない」
というくだりで、
「桜沢先生の食べ方は大変よいが、『冷え』の問題を考えていないため、
これだけでは治らない」、と…。

なにおう~。そこまで言うならば、やってみようじゃないか!冷え取り健康法。

というわけで、相変わらず短絡的に始めてみました。

More
[PR]
by macrobi_pirico | 2007-07-17 22:12 | 日々のこと
**  バナナのライスパウンド
a0098897_1914855.jpgバナナのスライスとレーズンが入った、
米粉のパウンドケーキを作ってみました。
米粉のケーキはしっとりしていて、やさしいふんわりした甘さが素敵。小麦粉とはまた違った美味しさです。
わたしは米粉のほうが好きなんです。
全粒粉の美味しさも好きだけど…
やっぱり日本人だからお米がすきなのかも。
サイトにもアップしてます。

ちなみに、リ・ファリーヌ(製菓用の米粉)ではなく、ふつうの上新粉を使っています。
野菜の宅配を頼んでいるところで、有機無農薬米の米粉がわりとお手ごろな値段なんです。
というか、そもそもわたしが買ってるんじゃないのですが。
なぜか定期的に母が注文してくれてるんですよね。助かります。

バナナという「極陰性」(南国産のため、体を冷やす働きがかなり強い)にちょっとでも対抗するため(?)、たんぽぽコーヒー(陽性)の残ったものを入れてみたりしたのですが、量が少なかったからか全然色にも味にも出ていません。
今度は普通に穀物コーヒーを入れてみようと思います。ほんのり苦いバナナケーキって、ちょっと大人向けな感じでおいしそうですよね。

ちなみにたんぽぽコーヒーとは、たんぽぽの根っこを焙煎したもの。我が家ではティーパックになっているものが常備してあって、煮出して飲んでいます。
なかなかコーヒーがやめられない両親が、コーヒーの代わりに飲み始めたのですが…
働きは全く逆。コーヒーは極陰性で低血糖の原因にもなったりしますが、たんぽぽコーヒーは滋養強壮にすごく良く、身体を温めてくれるそうです。
肝臓や腎臓にもいいので、自律神経をととのえてくれたり、むくみをとってくれたり。
あの、アスファルトさえ破壊して下へ下へとのびていくたんぽぽの力強い陽性さ(下降=陽性)が、身体をあっためて丈夫にしてくれるそうです。
昔から、なかなかお乳の出ないお母さんにすすめられていたそうです。

味は…コーヒーとは全然違うそうですよ。わたしはコーヒーを飲まないのでわかりませんが。
なぜか一家ではまって、食後のお茶タイムはたんぽぽコーヒーの日が多いです。

商品によっては飲みにくいものもあるそうなので、おいしいと思うものを探してみられると
よいかもしれませんね。
我が家のは、ちょっと高めだけどおいしいものを選んでいるそうです。
[PR]
by macrobi_pirico | 2007-07-14 19:17 | マクロビスイーツ♪
**  眠い、足の関節が痛い、頭蓋仙骨療法
昨日は夜の9時にぱたりと倒れてぐうぐう眠り、今朝8時まで寝ていました。
そして今は夜の9時半過ぎですが、もう眠気が襲ってきています…。
この異常な眠気は一体なんなのか…。

一個だけ思い当たるのは、土曜日の出来事。
頭蓋仙骨療法、なるものを受けてきました。
というか、実際に受けたのはわたしの父で、わたしはどんなことをやるのか見てみたくてついていっただけなんですが、「ホメオパシーで骨盤の調整をした方が良さそうと言われてて、確かに骨が歪んでるから気になってるんですが…」というと、ほんのちょこっとだけわたしにも施術してくれたのです。お試しで。
3分もかからないくらいだったんですが(ほんとは1時間くらい続けるものです)、終わった後起き上がろうとしたら、起き上がれないのです。
身体に力が入らないというか、ぐにゃぐにゃになってて。
「う、うそぉ~」という感じでしたが、ボディートークを受けた後もよくこんな感じになってました。身体が緩みすぎて、ふにゃんふにゃんになっちゃうんですよ。ついでにかなりだるい。(そのダルさがとれたら、すごくスッキリするのですが。)

ちなみに頭蓋仙骨療法ってなんなのか…はわたしもあんまりわかってないんですが(すみません)、オステオパシーの療法の一種だそうです。(参考
すごくソフトなタッチなんですよ。ほんとに。端から見ると、気功かなにか?というくらい、じっと手を当ててるだけ。
でも実際に施術されるとわかるんですが、ものすごく微妙な振動があって、身体の内部がぐにゃ~っと動いてくる感じがわかります。
骨盤の外側を動かされてるだけなのに、膝とか足首のほうまで「ぐにゃぐにゃぐにゃ~」っとした感覚があるのです。不思議。
マクロビオティックをしているからか、ボディートークを一年間受けていたからか、「反応が早い…というか、感覚が敏感」と言われました。
なかなかその「ぐにゃぐにゃ感」がわからない場合もあるんだそうです。

で、今異様に眠くてさらに足の関節の全部がみょーに痛い(違和感がある感じ)が続いているのですが…。母に「頭蓋仙骨療法の影響じゃない?」といわれて、言われてみれば…。という感じ。でも3分くらいだったし、関係ないような気もするけどなぁ。

因みに今回施術してくれた方は、マクロビオティックにも相当詳しくて(わたしなど比にならないくらい)、九司学園にいたことがあるとかないとか母が言ってました(その辺りもうろ覚えです)。そういえばerewhonで名前を見たことがあるよ!わ~、すごい人だったんだ。と後で知りました。
(因みにerewhonとは…クシ系の月刊誌〔正食協会における「むすび」みたいな?〕でしたが、10号で終わってしまった…。なぜか我が家にあります。奥津典子さんのボストンのクシアカデミィの体験記?も掲載されてました。)

今度また下旬に母と行ってくる予定なので、どんなものかをもっと体験してきますね。
[PR]
by macrobi_pirico | 2007-07-10 21:46 | 日々のこと
**  かぼちゃのタルト作ってみました~
a0098897_201570.jpg今日はかぼちゃのタルトを作ってみました~。
月森紀子さんの「ナチュラルスイーツ」の「さつまいもタルト」のレシピを参考にしました。
さつまいもをかぼちゃに、メープルを減らしてリンゴジュースを使いました。フィリングは寒天でまとめるタイプなので、身体にやさしいし、暑い季節にはいいですよね~。
寒天の量が足りなかったみたいでかなりゆるめになってしまいましたが、全然甘味を入れていないタルト台と、ほのぼのした美味しさのかぼちゃのフィリングがなんとも素朴でおいしかったです。

どうも雨が降ったり、日差しが強かったりすると外に出たくなくなるわたし。(授業もないし…)不健康でナマケモノ過ぎますねー。で、ついついお菓子を焼いてしまうという。
暇に任せてだらだらするのも良くないですよね。このナマケモノさも、マクロビではなおらないのだろうか…(いえいえ、頑張ります)

なんだか、どっかに旅行したい気分です~。しかし今日のこの間延びした文章の感じ、陰性になりすぎてるのでしょうか…?
[PR]
by macrobi_pirico | 2007-07-08 20:36 | マクロビスイーツ♪
**  キャロブとバナナのノンオイルパウンド
a0098897_1838244.jpg最近はメープルとか豆乳の「陰性さ」よりも、キャベツとかとうもろこしとか大根とか、そういう「陰性さ」が欲しいなぁ…と思うようになってきました。別に、甘いものを意識して避けているわけではないのですが。
だからあんまり、スイーツ作らないんですよね…。
でも久々に、材料があったので作ってみました。キャロブとバナナのノンオイルパウンドです。
久々にサイトにもアップしてみました。

マクロビを始めてから「キャロブ」の存在を知りました。
ココアの風味で、ほんのり甘くて、ノンカフェイン・ローカロリー。
キャロブは苦手、という方もいるようですが、わたしは全然平気です。
ココアや穀物コーヒーとあわせて使うと良いみたいですね。

これはお豆腐+バナナ+レーズンで作る、ノンオイル・ノンシュガーのパウンドです。
しっとりでちょっとむちっとしてて、あっさりした蒸しパンのような感じの食感。
ここにオイルを入れると、もっと「ケーキ」っぽくもなります。
お豆腐を入れると、入れないときよりふわふわ感が増すし油も少なくて済むのでオススメです。お豆腐ってほんとにすごい食材だなぁ。(因みに豆腐の味はしません)

それにしても、一時期は毎晩ケーキを焼くほどスイーツにはまってました。
いえ、ほんと。3本くらいパウンドを焼いて、家族3人で食後のおやつに2本くらい食べてしまうこともザラでした。明らかに食べすぎですよねぇ。
それが意識しないうちに段々と減ってきましたね~。
まぁ、暑くなったのも確実にあると思いますが。(オーブン焼きのお菓子を避けたくなるので)

ホメオパシーでは、「体内にカビがあると甘いものが食べたくなる」というみたいです。最近の甘いものへの変な欲求がすっかり減ったのは、執着がなくなったのもあるけど、体内のカビのせいでもあるのかな?
体内のカビはカンジタ膣炎を引き起こしたり、皮膚疾患(アトピーとか)を引き起こすそうです。わたしはどっちもないんですけど…。
そういえば、最近はほんとに変な食欲もなくなりました。心配になるくらい間断なく食べたり、ずーっと食べもののことを考えてる時期が続いてたんですが。
それと同時に料理も前ほどしなくなりましたね。…これは良くないなぁ。
[PR]
by macrobi_pirico | 2007-07-06 19:16 | マクロビスイーツ♪



CFSをきっかけに、マクロビオティックを始めました。こころとからだになみなみならぬ興味を持っています。by文(Aya)
**links**
フォロー中のブログ
ヒビノウタ☆
楽しむ空間「クラム」 趣...
DOWN TO EARTH 
日々の食べ物、からだの声
Favorite Days
かぞくdeマクロビ 
まあるい、毎日。
**FUWA*ふわ*FU...
素直にありのままに・・・
カテゴリ
全体
ごあいさつ・お知らせ
おうちご飯
マクロビスイーツ♪
マクロビあれこれ
酵母ちゃん
お料理教室
日々のこと
おそとご飯
病気、慢性疲労症候群のこと
ホメオパシー
からだやこころのあれこれ
KIJレポート
考えごと
raw + living food
低血糖症
以前の記事
2011年 06月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧