Top
**  カテゴリ:ホメオパシー( 6 )
**  6月のメモ
もんのすごく久しぶりに、ホメオパシーのことを書いておきます。
次の相談会に向けてのメモですが。

今現在つきのものの時期なのですが、始まってからはレメディーを飲んでいません。
なんかもう、この月経がほんとにひどいんですもの…。
この状態の身体に不必要な刺激を与えたくないなぁ、と思いちょっと休止中。
つきあいご飯をいろいろ食べたせいなのか(でもここまで出るほどは食べてないと思う)、
わたしの体質がすっかり悪くなったのか(マクロビ始めてからあんなに軽かったのに~)。

その2つではないとすれば、あとは思いつくのは「ホメオパシー」の影響…くらいなんですよね。でもなんでもかんでもホメオパシーの好転反応!って言っちゃうのもどうかと思う。個人的に。

えっと、なんだか赤黒い塊がどんどん出てくるんですよね。
腹痛というより、吐き気がします。内蔵がぐちゃぐちゃになったみたいに気持ち悪くて、下腹部が重くて、目まいがします。(血が足りないのか…?)
そして異常に!眠いです。昨日おとといと、12時間以上寝てました。(学生でよかった)
現在3日目ですが、ちょっと落ち着いて来てます。眠気以外は。

他にも、好転反応と考える症状としては
「ときどき耳が痛くなる(左のみ)、手足がやたら重い、喉の渇き、身体のむくみ(最近ひどいので小豆ばっかり食べてます)、午前中のふらつき・めまい」などなど。
まるまるひと月動けなかった先月に比べると、まだ外出はできる範囲なので(こんなんでいちいち寝ていられないなぁと思ったのもありますが)良いのですが、夜のレメディーが新しくなってからは、また症状がひどくなってきました。

でも気分的にはまったくラクなんですよね。不思議なことに。
以前と違って食べ過ぎもなくなったし(食欲が自然になりました)。不思議なくらい、甘いものへの欲求も減りました。ないならなくてもいいなぁ~って感じです。甘いものから解き放たれる、っていうのはこんなにラクなのね!と驚いています。
最近は暑いので「身体をゆるめたい~」という気持ちから米飴や甘酒、メープルシロップも気にせず摂るときもありますが、基本的に「あんまり甘くない陰性が欲しいなぁ」という気分です。
ことさら避けるでもなく。欲しがるでもなく。
以前は「甘いもの絶対ダメ!」(全然食べない)⇔「甘いものめっちゃ食べたい~」(やたら食べまくる)の間で揺れていたように思うので、かなり普通になっているんだと思います。
あっ、あと低血糖発作もないです。
確かに、もう低血糖とは思えないくらいふくよかになってるもんね…(涙)

あと二週間分くらいあります。今回の処方レメディー。
明日くらいからまた飲み始めてみるつもりです。
さらに経過を観察してみたいと思います。
[PR]
by macrobi_pirico | 2007-06-28 23:26 | ホメオパシー
**  ホメオパシーのこと・6月のメモ
聞いたところによると、日本で最初に「ホメオパシー」を紹介したのは、桜沢先生だとか…!
最新の「ビオ」にもホメオパシーのことは載っているし、正食教会の「むすび」誌でも見かけたことがあるし、なんとなく流れとしては似ているのかもしれませんね。
ちなみに、「ビオ」に載っているホメオパシーの歯磨き粉はとってもオススメです。
悪いものが入っていないようなので使い始めたのですが、びっくりするくらい歯がつるつるになるし、黄ばんでいたのも大分白くなりました。別に興味もなさそうな父親にも使わせていたところ、ひと月くらいしてに歯医者に行くと「以前と違って、歯茎がかなり良くなってます」とびっくりされたそうで、そのことに父親自身驚いていました。
しかし歯茎が悪かったとは…まだまだパパの血は汚れているのね(笑)。

さて、前回のレメディーがなくなったのでまた相談会に行ってきました。
ホメオパシー治療を続けさせてくださる両親に感謝せねば。(-人-)

今回の処方レメディーのメモです。自分用。

朝 :carc MM 週1×5日間
   オリジナル(carc+…忘れてしまった)30c を毎日
  (carcは癌マヤズムのレメディー。慢性疲労や、責任感の強すぎる人に)

昼:Tub MM 週1×5日間
  (結核マヤズム。母親が喘息持ちなのと、痰が出やすい体質のため?)
  Pitu-gl 12X ×2週間(脳下垂体を整える)
  Thyr   12X ×2週間(甲状腺機能を整える)

夜:Uran-n. 10Mを週1×5日間
  (腎臓にいいレメディー)
  Olnd-h. 30C×2週間
  同じもの 200C×2週間
  (広島夾竹桃のレメディー。抑圧されている感情に)

随時:Ayah. 10M×5日間
  (蔦のように複雑に絡みついた人間関係に)
  ↓以下を水に溶かして毎日摂取
  オリジナル 30c(抗生剤の毒出しレメディー)
  肝臓の解毒のため、マザーチンクチャーHydrastis
 
ホメオパシーをご存じない方には何のことやら…という感じのメモですが。

ホメオパシーについて、いろいろな文章を読んでいます。
肯定派だけではなく、否定派の意見も勿論。
でも何かを一生懸命否定する文章を読んでると、胸がきゅーっと息苦しくなってしまいますね…。気が弱いので、否定とか批判とか、苦手です。
なんにせよ、マクロビにしろホメオパシーにしろ、それだけが目的になってしまうのが良くないのだと思います。
ノンクレド、ですね。
[PR]
by macrobi_pirico | 2007-06-04 21:45 | ホメオパシー
**  ホメオパシーのこと・楽しくて仕方がない時期
さてさて、久しぶりにホメオパシーのことを書いてみます。

前回は壮絶なほどの親子ゲンカをして、色々な排毒に見舞われた…という内容でした。

その後、再度相談会にかかり、また色々なレメディーを貰いました。
喉や胸のチャクラに対応するレメディーや、根本体質のレメディーなどをもらいました。
(うろ覚えなのですが…記録しておけばよかったなー)

この時の反応は、かなり面白かったです。
後々知ったところによると、チャクラに対応するレメディーは
「苦悩を表現できずに内側に溜め込んでいる人」に合うらしいのですが…

まず、「しなくちゃいけないこと」が全然出来なくなりました。
我慢して頑張るということができないのです。
例えば学校の課題とか、予習とか。そういう以前はいやいやながらもやっていたことが、全然我慢できなくなってしまったのです。
単に怠け者になっただけのようですが…。
そして、毎日が楽しくて仕方がないのです。
とにかくテンションが高い。友達に会ってはぺらぺらとお喋りしまくり、笑いっぱなし。
もともと喋るときは結構喋る人ですが、自分でもどうしたんだろう?と思うくらいのテンションの高さが、一ヶ月以上維持されてました。

道を歩いてるだけで、朝に目が覚めるだけで、なぜか楽しい。
そうか、人生ってこんな風に楽しいものだったんだーって思いました。
我慢しなくちゃいけないことだらけだと思ってたけど、本当は我慢するべきことなんて何もないんだなぁと、かなりお気楽思考になっていました。
学校を遅刻してもへらへら笑ってました。
(まぁ遅刻すると問題になる授業にはぎりぎり間に合うくらいの理性はあったのですが)

更に、相当の甘えんぼになってしまったのです。
なんだろう、それまで我慢して抑えていたものが全部出てしまったかのような感じでした。
「これやって」と頼まれても、「やだ~できな~い」「したくな~い」「疲れてるから無理なの~」と床をごろごろ…家族には、「まるで痛んだにゃんこみたい」と言われてました。
(しかし痛んだにゃんこってなんなんだろう)

この時期は、ホントに楽しかったです。
何の我慢もせず、お気楽にすごし、人と会っては笑いまくり喋りまくり、家ではごろごろとネコ化して甘えまくり…。
家族には、「どうやらホメオパシーの反応で甘えん坊になってるみたいだから我慢してね」とあらかじめ伝えておいたので、違和感を感じつつも受け入れてもらえました。
(わたしが病気になってから、かなり敷居が低くなりつつある我が家…)
そしてこの時期に、わたしは人に対して甘えることをずっと我慢してたんだな~って気がつくことが出来ました。そのくらいみんな我慢していると思うのですが、わたしの場合「本当はそうしたいのに無理やり抑える→良くないストレスになる」という構図になっていたらしく。
「自分が我慢すれば全部うまく行くんだから、耐えよう」という勝手な犠牲心が、無意識下で欲求不満や自己卑下につながっていたみたいです。
わたしは完璧超人じゃなくて凡人なんだから、程々に人に甘えることも必要なんですよね。

あまりにも恥ずかしかったため、途中の相談会で「なんだか甘えんぼ化しててなかなか直らないんですけど(汗)」と伝えると、「良かったですね~。甘えるだけ甘えれば自然に治りますよ」といわれてしまい、「それなら試してみるか」と徹底的にやりたいようにしてみました。

この「痛んだにゃんこ化」は2ヶ月近く続き、そして何の前触れもなく急速に治まりました。
今思い出しても、なんだか変な時期でした。
頭が真っ白になって、なんの難しいことも考えられなくなって、とにかく楽しくて仕方ない。
そういえば小さい頃は、いつもこのテンションで生きてたんだなぁ。
人って、やりたいことを「やりたい」と言って、好きなことを「好き」って言ってないと、なぜかどんどん弱くなってしまうみたいです。心も身体も。
わたしは頭で考えてばかりで、やりたいことも「周りに迷惑を掛けてしまうかも…」と我慢したり、好きなことも「変に思われてしまうかも」と人の目を気にして好きと言えなかったり、「もっとこういうものを好きになったほうがいいはず」というワケのわからない考えで抑え込んだりしてました。
「こうなりたい」っていう自分の理想像(まるで完璧超人のような)に雁字搦めになって、動けなくなっていたのです。

「楽しいのはいいことなんだ。」と思える時期でした。
以前は、「人生は楽しむものじゃなくて、耐えていくもの」だと思ってました。
楽しいことは罪悪だと思ってました。もっと理想的な生き方をしたいって。
でもそうじゃなくて、「好き・楽しい」の延長線上に理想があってもいいんですよね。

自分の感情に素直になる、それが一番大事なこと。
ホメオパシーはいつもそう訴えてきます。
それはマクロビオティックの目指すところとすごく重なっている気がします。
自分が自分としてクリアになること。
簡単なようで、すごく難しいことだなぁと思います。
[PR]
by macrobi_pirico | 2007-06-01 23:18 | ホメオパシー
**  ホメオパシーのこと・最初に来た変化
ホメオパシージャパンの相談会に参加したものの、気がつけば体調のことだけでなく内面のことをたくさん話していて、しかもホメオパスさんの前で泣いてしまった…という話でした。

ホメオパシーの治療の目的は、「本来の自分に戻ること」。
それまで自分を歪めまくってきた自覚大アリだったわたしは、何か少しでも変化が起きますように…と思いながら飲み始めました。

さて、処方されたレメディーを飲み始めて3日ほど。
体調に特に変化もなく、自分が何のレメディーを飲んでいるのかもよくわからず。
本で調べてみたところ、Nat-mur(ネイチュミュア)はわかりました。
「長年溜め込んできた悲しみに。悲しくても泣けない」。
コチラのサイトでは、「傷つきやすく内向的。早熟で客観的思考をするが、情緒は未成熟。同情を嫌う。非常に喉が渇く。月経前の痛み。」)
おお、まさに自分のこと。
とは思っていたけど、一体どう変化するのかは、全く想像もつきませんでした。

さて、3日後に起きたこととは。
ものすごいケンカ…でした。

More
[PR]
by macrobi_pirico | 2007-05-20 17:52 | ホメオパシー
**  ホメオパシーのこと・相談会を受けてみる
体調が良くなってきています。
朝起きると身体中が痛い…というのが辛いのですが、体力は八割がた回復しているみたいで、今日も無事用事を果たすことが出来ました。ご飯も作れました。

そんなわけで、ホメオパシーの続きを書いてみたいと思います。

えーと、わたしはホメオパシージャパンの相談会を受けながら治療しています。
レメディーは自分でセルフケアに使うのが外国では一般的(ドイツでは保険診療ができるとか!)。副作用もないし薬よりも安いし、赤ちゃんからお年寄りまで使えるし。
わたしも不調のときは、
① 食事の見直し。
② 手当てを試す。(葛湯とか、生姜シップとか、症状にあわせて)
③ それでもダメなら、レメディーを試す。
…という感じでいろいろやってます。まぁ大体は、①を改めれば治ります(笑)。
この間、めずらしく胃痛があったんです。夜に胃と腸がきりきり痛くて仕方ない。普段食べない天ぷらを、食べたせいかも。ちょっと量が多かったのかも…と思い、葛湯なんかを飲んでみるけど、なかなか楽にならない。
「そういえば!」と思い出して、「脂っこいものを食べた後の胃痛」にマッチするレメディーを摂ったら、ほんとに不思議なんですが、すーっと痛みが引きました。
楽になるなら別にプラセボでも構いません!(笑)
どっちみち自然治癒力には変わりないですし。

そんな感じで、を参考にしながら、セルフケアにレメディーを利用するときもあります。
(口内炎とか、便秘とか。)
けれども、相談会での治療で取り組んでいるのは、「体質改善」。
つまり根本治療です。
まだまだ劣っている体力をどうにかしたい、もう一押しが欲しい、と思いはじめました。

またしてもやけに長いです…。
[PR]
by macrobi_pirico | 2007-05-18 21:33 | ホメオパシー
**  排毒の真っ最中?
ここ最近、というかGW前から、体調は絶不調です。
ほとんど家で寝ています。家事も、調子のいい日なら皿洗いがやっと出来るくらい。
特に寝起きがひどくて、朝起きると目まい、頭痛、吐き気、全身が痛くて歩けない…。午後からようやく少しずつ回復してきます。
もう2週間近くこの状態。(いい加減飽きてきました)
でもブログではそのことに全然触れませんでした。
なぜなら、あるものについて説明しなければ、この不調について説明できないからです。

長くなるので、続きに。
[PR]
by macrobi_pirico | 2007-05-09 18:48 | ホメオパシー



CFSをきっかけに、マクロビオティックを始めました。こころとからだになみなみならぬ興味を持っています。by文(Aya)
**links**
フォロー中のブログ
ヒビノウタ☆
楽しむ空間「クラム」 趣...
DOWN TO EARTH 
日々の食べ物、からだの声
Favorite Days
かぞくdeマクロビ 
まあるい、毎日。
**FUWA*ふわ*FU...
素直にありのままに・・・
カテゴリ
全体
ごあいさつ・お知らせ
おうちご飯
マクロビスイーツ♪
マクロビあれこれ
酵母ちゃん
お料理教室
日々のこと
おそとご飯
病気、慢性疲労症候群のこと
ホメオパシー
からだやこころのあれこれ
KIJレポート
考えごと
raw + living food
低血糖症
以前の記事
2011年 06月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧