Top
**  歯とか、陽性すぎると大変なことなど
親知らずを立て続けて2本抜きました。

ある日、右下の親知らずが痛くなってきたのです。
普通の歯に対して横向きに生えているので、伸びてくるとぐいぐい隣の歯を圧迫して
あご全体が痛くなってしまうのです。最終的には頭まで痛くなってくる。
とても原始的に、歯を指で押さえて圧を相殺していると楽になるのですが、
ずっと口に指を突っ込んだまま暮らすわけにもいかないし。
ホントにもう、泣きたいくらいに痛くて痛くて、まともに頭が働かない日々が続きました。

そこで気がついたんですが、極陰のものを食べると一気に痛みが増すんですよね。
陰性が強い→膨らむ力が強い→歯茎が膨張して歯が押してくる…みたいです。
ちょうどおつきあいなんかで色々食べたりしていたので、
しばらく節制。果物や甘いものを控えて過ごしていました。

正直なところ、ここ最近は以前ほど食べ物に対して強烈な反応が出ないので
(というのも昔はお砂糖を食べて倒れたり寝込んだりする、というのが結構あったので)
「私も結構身体が出来てきたのかなー、ちょっとは激しい陰陽にも耐えられるみたい♪」
と感じていた部分があったんです。ちょっとだけ。いや結構。かなり。
でも身体というのは驚くほど正直なのだと知りました。センシティブな状態の時には特に。



というのも、やっぱり糖分をとるとどうしても歯が痛くなる。
節制してかなり治まっていたときに、「そろそろまぁいっか」とついつい出来心で
すごく久しぶりにオーガニックチョコレートを2粒食べたら、
30分くらい経ってから、また悪夢のような歯の痛みが…。
慌てて番茶を沸かして熱いまま飲んでいたら、しばらくして治まりました。
番茶ってすごいと思った。

結局その歯の痛みはいつまでもいつまでも続き、
母親の出張講座のお手伝いに同行する時にもずーっと痛くて痛くて、
しかも運転してたら右後輪を思いっきり脱輪しちゃうし。
…なんだろう、右下に何かあるのだろうか?
結局その脱輪事故も、親切な方に助けていただいたり打ち所が良かったりで
被害はゼロだったんですけどね。

そしてようやく歯医者さんに行ったのですが、
先生は「右上の親知らずがすごい虫歯だから、それが痛いのよ」と言う。
私は「右下の親知らずが横から押してくるのが痛いんです」と言う。
両者の意見は交わらず。
「陰性のものを食べると緩んじゃって痛くなるんです」なんて言っても仕方ないし。
結局その日は右下の親知らずを少しだけ削って、横の歯との隙間を作ってもらいました。
そうすると痛みがかなりマシになったから、やっぱり横から押してたんだと思うんだけどな…

とにかくそういうわけで、せっかくの機会だし、えい!ということで、
右の上下の親知らずを順番に抜いたのでした。
そんなわけでここ一月近くは常に何かしら歯に問題があって、
甘いものをあんまり楽しめていないのです…。
特に親知らずを抜いた直後は最近では珍しいくらいに陽性にしてました。
飲み物も少なめに、水じゃなくて番茶。穀物主体。そんな感じ。
やっぱり出血しているときには、果物とかはちょっと怖くて食べられなかった。
それが良かったのか何なのか、「抜いてもびっくりするくらい出血が少ない」とのこと。
特に右上の歯については、抗生剤も痛み止めも腫れ止めも一粒も飲むことなく
なんの問題もなくすんなり治ったのでした。
しかし右下の歯は相当大物だったので(だってなんか6針以上縫ってるもん)、
たぶん5年以上飲んでないであろう痛み止めとか抗生剤とか、ちょっとだけ飲みました…。
お薬は腸に来るってホントですよね。
麻酔だけでもそうなんだけど、腸が荒れるから下唇がガッサガサになる。大変。

そのようにして陽性気味にしたのはまぁ正しい対処だったと思うんですけど、
それはそれでまた徐々に、色々と弊害が起こってきてしまったのです。
例えば、手足の冷え。
それほど気温は変わってないはずなのに、手足がやたらと冷える。
特に末端。指先とか足先とかがかじかんで辛い。ヒーターを点けたくなってしまう。
これが陽性の冷えなのかー!と初めて実感。
血管が収縮しすぎて血が流れなくて冷える…というやつですね。
それから、やたらと粉ものが食べたくなる。
最近は全然欲しくなかったはずなのに、甘いものが食べられないからか
別の形で陰性さが欲しくなってしまうみたい。
(パンは焼きしめるので陽性さもあるのですが、粉ものはすぐ血糖値が上がるので
比較的陰性な働きが強いのです)
あとは身体が固くなったかな、と感じたり。特に膝が伸びない気がする。
グリーン!グリーン!緑色の野菜ーーーー!
と身体がどうしようもなくやかましいので、ようやく右下の腫れも引いてきたこの頃は
加熱・非加熱の区別なく野菜をぱくぱく食べています。おいしいです。
そして手足の冷えも本当にマシになってきたので、その反応の素直さにまたびっくり。

やっぱりバランスってすごく大事。
今回は事情があったから仕方ないのですけども、
やっぱり野菜をたっぷり取らないとな…と思います。
特にここ数年の私の体調的には、穀物と野菜が半々でもきつい感じ。
もっともっとあっさりした野菜をたくさんとってもいいなぁと感じています。
この辺りの比率は体調や体質によって変わってくるのだと思いますが。

この歯の腫れも、クリスマスケーキまでにはすっきり治ってくれることを期待してます。
[PR]
by macrobi_pirico | 2009-12-10 21:29 | 日々のこと
<< 2010 志免町講座のご報告。 >>



CFSをきっかけに、マクロビオティックを始めました。こころとからだになみなみならぬ興味を持っています。by文(Aya)
**links**
フォロー中のブログ
ヒビノウタ☆
楽しむ空間「クラム」 趣...
DOWN TO EARTH 
日々の食べ物、からだの声
Favorite Days
かぞくdeマクロビ 
まあるい、毎日。
**FUWA*ふわ*FU...
素直にありのままに・・・
カテゴリ
全体
ごあいさつ・お知らせ
おうちご飯
マクロビスイーツ♪
マクロビあれこれ
酵母ちゃん
お料理教室
日々のこと
おそとご飯
病気、慢性疲労症候群のこと
ホメオパシー
からだやこころのあれこれ
KIJレポート
考えごと
raw + living food
低血糖症
以前の記事
2011年 06月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧