Top
**  梨のタルト
a0098897_2051441.jpg
今日はタルトを焼いてみました~。
相変わらず大量に梨があるので、煮た梨を使ったタルト。
中に詰めたフィリングは、「きっとこうしたらおいしいに違いない!」とひらめいて
作ってみたのですが。わたし好みの、やさしい味のフィリングになりました。
でも、何かが足りない気もするなぁ。
またもうちょっと改良して作ってみよう~。
あと、この飾り気ない感じももうちょっとかわいくしてあげたいところ。

なぜか毎年この時期、梨だけはやたらと縁のある我が家です。
他の季節に「こんなにフルーツが届いて!」ということはあまりないのですが、
秋だけはいつもどこからか梨を頂くんですね~。フシギ。
なので、ついついこれを消費するスイーツを作ってしまうわけです。

でも梨の優しい甘さは、意外なくらい色んなものとあうみたい。
ケーキにしたりタルトにしたり、洋風なものにばっかりしてるけど、
「和」なお菓子にしてあげてもおいしいんだろうな~。
和菓子ってほとんど作ったことがないのですが、いろいろ試してみたいです。
ほとんどが油を使わなくてヘルシーだし、水分を含んだしっとり系のおやつで、
身体や内臓を硬くしてしまわないし。
(硬いものを食べると、身体も硬くなってしまうと言われています)

今の和菓子には大量に砂糖が使われているけど、砂糖がなかった時代から
和菓子は存在していたと思うし、豆やもち米の「程よい陰性さ」というおいしさで
食べていたのかなぁ、と想像してます。
そういえば古典の授業で「昔は干し柿であんこを煮ていた」と聞いたこともあるし。

この季節のフルーツはなるべく火を通しておいしく頂くのがオススメです。
身体を冷やしすぎないし、あったかくして食べるのもまた違ったおいしさなのです。
我が家では甘さが足りなかったり、食感がイマイチだったりするものは煮てしまいます。
塩をほんの少しふって、水を入れずに果物の水分だけで蒸し煮をするのです。
甘味が凝縮されて、ほんとにおいしくなりますよ~。

暑い季節にフレッシュなものが欲しいときは、生で頂いて。
そうでないときは火を通して…と、うまく使い分けるのがオススメです。
大抵の果物は煮たことありますが、さすがにスイカだけは煮たことないですね…。
[PR]
by macrobi_pirico | 2007-10-16 22:15 | マクロビスイーツ♪
<< ごはんやおやつあれこれ よもぎと小豆のパウンド >>



CFSをきっかけに、マクロビオティックを始めました。こころとからだになみなみならぬ興味を持っています。by文(Aya)
**links**
フォロー中のブログ
ヒビノウタ☆
楽しむ空間「クラム」 趣...
DOWN TO EARTH 
日々の食べ物、からだの声
Favorite Days
かぞくdeマクロビ 
まあるい、毎日。
**FUWA*ふわ*FU...
素直にありのままに・・・
カテゴリ
全体
ごあいさつ・お知らせ
おうちご飯
マクロビスイーツ♪
マクロビあれこれ
酵母ちゃん
お料理教室
日々のこと
おそとご飯
病気、慢性疲労症候群のこと
ホメオパシー
からだやこころのあれこれ
KIJレポート
考えごと
raw + living food
低血糖症
以前の記事
2011年 06月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧