Top
**  「冷え」のこと、便秘や腸のこと。
あなたもBUTS症候群? 身体と心を蝕む『夏の冷え』」という本を読みました。
「BUTS症候群(BUTSS)」を発見して研究していらっしゃるお医者さんは、
BUTSSとCFSは同じものではないか?と考えていらっしゃるとか。
BUTSSってなんだろう?と思ったので、さっそく図書館で借りて読んでみました。

読んでみて驚きです。
BUTSSの症状として挙げられるものが、自分のかつての症状とほとんど同じだったこと、
また本に挙げられている「冷え」についても、大いに心当たりがあったこと。
これはまたきちんとレポートして、慢性疲労症候群の項に載せなければ…!
(あ、またやりたいことが増えてしまいました)

「冷え」って、ほんとに奥深いなぁ、と思いました。
薄着とか強すぎる冷房とか、そういう生活習慣による「冷え」ももちろんありますが、
アイスクリームなどの冷たいものの取りすぎだとか、
冬にも夏野菜(身体を冷やすもの)を食べる、という季節を無視した食べ方だとか、
白砂糖や乳製品、アルコール類(やっぱり身体を冷やします)の摂りすぎだとか、
そうやって「身体の内側」から冷えてきている場合も多いと思うんですよね。
(わたしがまさしくそうでした。)
そういえば小さい頃から冷え性だったなぁ…とか。
基本的に、「~症候群」とかいう原因も症状もあやふやではっきりしないものは、
そういう身体の働きや生活習慣の乱れから来ているのかもしれませんね。

体温が少し上がるだけで、精神的にも落ち着いたり幸福感が強くなったりもするそうです。
確かに、ぽかぽかの方が幸せかも…って感じはしますよね。

さて、「冷え」と言えば、近頃始めた「冷えとり健康法」なのですが。
なんとなく、効いてる気がします!
というのも、ここのところ全然「便秘」がないんです。

マクロビやってると便秘はすぐ治るよ!とよく言われます。
確かにそう。
わたしは相当時間がかかったけど、(腸の改善については、かなり個人差があるとか…)
かつては一週間に一回とかでも別に平気だった頃に比べれば、
かなり改善されてきていました。
でもやっぱり不安定になることがすごく多かったり。

マクロビでは、同じ便秘でも2種類あります。
腸が緩んで、押し出せなくなっている「陰性の便秘」。
腸が硬化して、便がかちこちになっていて出てきにくい「陽性の便秘」。
前者は甘いものなどの陰性の摂りすぎ、後者は動物性などの陽性の摂りすぎ。
わたしはどちらかというと陰性タイプでしたが、陽性の場合であったこともしばしば。
そのときの体調や食べたものによって変わってくるのですが、
ころころ変わったりするので「わたしはどっちなの~?」と自分で混乱したり。

けれども、ここしばらくはかつてないくらい腸の調子がいいのです。
何か変えたっけ?と考えると、そういえば冷えとり始めてからかなぁ…と。

わたしの場合、とりあえず「あったかいな~」と感じるくらいに靴下を重ね履きして、
お風呂は半身浴(…というかお湯をケチってたくさん入れてないだけなのですが)を
テキトウにここちよい程度の時間浸かるようにして。
それから、家に居るときはなるべく綿100%のスパッツ(無印にて購入)を履いています。
実は寝るときも、パジャマのズボンの下に履いてたり。
暑いかな?と思ってたけど、下をあっためるのは別に平気というか、むしろ気持ちいいです。
お出かけのときもソックスは必需品。黒のハイソックスを履いてます。最近は+ブーツ。
慣れてくると、足元があったかくないと変な感じがするんですよ~。

あと、上の本を読んでからは、扇風機もなるべく浴びないようにしたり。
クーラーはもともと嫌いなのでつけないのですが、扇風機は朝まで浴びっぱなし。
試しに窓を閉めて、扇風機も一時間タイマーで寝てみました。
朝起きると汗びっしょりでしたが、なぜか爽快な目覚め。
「夏はしっかり汗をかかないとなぁ」と思いました。いえ、もう暦では秋ですけど…。

そうそう、腸の調子を見るには、下唇をチェックするようにするといいですよ~。
下唇は腸の様子と関連しているといわれてます。上半分は小腸、下半分は大腸。
因みに、上唇は胃と関連しています。

例えば下唇がガサガサと荒れていたら、腸が荒れているしるし。
わたしの場合、パンを食べ過ぎているとガサガサしてきます。

ぷっくり腫れているのは、甘いものなどの食べ過ぎて、腸が緩んでいる証拠です。
実は昨日、久々に白砂糖たっぷり!の甘いものを頂く機会があったのですが…
今日は見事に、下唇がぷっくり。いつもの1.5倍はあります。ほんとです。
ちなみに小さめサイズでしたが、甘すぎて半分も食べられませんでした。
あんまりおいしいとも思えなくて、ちょっと残念だったり。
マクロビスイーツの方がおいしいなぁ。こういうのは完全に、舌の慣れの問題ですね。

あとは、下唇が薄すぎる場合。
これは腸が締まりすぎているサインです。
動物性食品や、炙ったものなどの水分の少なすぎるものをとりすぎているのかも。

ここ最近は鏡を覗いて、昔より下唇がしっかり締まっている感じなのを見ては
「大分腸も良くなってきたんだなぁ~♪」とひそかに喜んでいたのですが、
今日の唇には自分の身体の正直さに思わず笑ってしまいました…(笑)

そういえば昔、たらこ唇がとってもチャーミング♪な知り合いの子がいたのですが、
その子が腸炎で入院してしまったことがあります。
そういえば下唇って…!とそのときはちょっとびっくりでしたが、
本人に伝えることはできませんでした…。(こういうのはムズカシイ)
もともと胃腸の弱い体質なのかもしれませんね。

冷えから腸まで、話がいろいろに広がってしまいましたが。
とりあえず、冷えとりが効いたっぽい!というのが、今日のメインです。(笑)
[PR]
by macrobi_pirico | 2007-09-24 21:31 | マクロビあれこれ
<< サイト、更新しています。 ほっとゆるみましょう。 >>



CFSをきっかけに、マクロビオティックを始めました。こころとからだになみなみならぬ興味を持っています。by文(Aya)
**links**
フォロー中のブログ
ヒビノウタ☆
楽しむ空間「クラム」 趣...
DOWN TO EARTH 
日々の食べ物、からだの声
Favorite Days
かぞくdeマクロビ 
まあるい、毎日。
**FUWA*ふわ*FU...
素直にありのままに・・・
カテゴリ
全体
ごあいさつ・お知らせ
おうちご飯
マクロビスイーツ♪
マクロビあれこれ
酵母ちゃん
お料理教室
日々のこと
おそとご飯
病気、慢性疲労症候群のこと
ホメオパシー
からだやこころのあれこれ
KIJレポート
考えごと
raw + living food
低血糖症
以前の記事
2011年 06月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧